@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

九仞の功を一簣に虧く【キュウジンノコウヲイッキニカク】

デジタル大辞泉

九仞(きゅうじん)の功を一簣(いっき)に虧(か)く
《「書経」旅獒から》高い山を築くのに、最後のもっこ1杯の土が足りないために完成しない。長い間努力も最後の少しの過失からだめになってしまうことのたとえ。
[補説]「」は、もっこ、「虧」は、に同じ。「九仞を一気に虧く」と書くのは誤り。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きゅうじんのこうをいっきにかく【九仞の功を一簣に虧く】
書経 旅獒
九仞の高い山を築くのに、最後の一杯の簣もつこの土を欠いても完成しない。転じて、長い間の努力も終わりぎわのわずかな失敗一つで完成しない。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅうじん【九仞】 の 功(こう)を一簣(いっき)に虧(か)
(「書経‐旅獒」の「不細行、終累大徳、為山九仞、功虧一簣」より、非常に高い築山をきずくときに、最後にたった簣(もっこ)一杯の土が足りないだけでも完成しない意から) 長い間の努力も最後のほんのちょっとの手違いから失敗に終わってしまうことのたとえ。
※小学読本(1874)〈榊原・那珂・稲垣〉四「所謂九仭の功を一簣にかくものにて積年の辛労徒ごとと成らん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

九仞の功を一簣に虧く」の用語解説はコトバンクが提供しています。

九仞の功を一簣に虧くの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation