@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

九十九里平野【くじゅうくりへいや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

九十九里平野
くじゅうくりへいや
千葉県北東部,西は下総台地に接し,東は九十九里浜をもって太平洋に面する海岸平野南北に延びる三日月形で,約 12kmの最大幅をもつ。南北に連なる8列の砂丘列は,砂丘上は森林畑地,砂丘の間は低地水田となっている。砂質土壌用水の便に乏しく,干害地帯であったが,1965年利根川より引水する両総用水が完成し,トマト,キュウリなどの施設園芸が盛んとなった。平野一帯ではマキの植木栽培が行われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くじゅうくり‐へいや〔クジフクリ‐〕【九十九里平野】
千葉県東部、太平洋に臨む海岸平野。北の刑部(ぎょうぶ)から南の太東崎(たいとうざき)間約60キロメートル、幅6~10キロメートルにわたって続く広大な地域。砂丘列と低湿地からなり、園芸農業が盛ん。九十九里浜平野

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

九十九里平野
くじゅうくりへいや
千葉県中東部、太平洋に臨む広大な海岸平野。九十九里浜とこれに並行する下総台地(しもうさだいち)末端の崖(がけ)に挟まれた平野で、九十九里浜平野ともいう。平野の幅は約7~10キロメートル、長さは60キロメートル、海岸線に並ぶ十数列の砂丘列があり、砂丘の間に低湿地が点在する。下総台地から流れ出る小河川は多いが、いずれも排水が悪く、また干害常襲地域でもあって水田農民は苦しめられてきた。1951年(昭和26)に平野北部に大利根用水(おおとねようすい)が引かれ、1965年には平野の中南部に両総(りょうそう)用水が完成して、いずれも利根川の水が安定して供給されるようになり、米どころともなっている。北部の旭(あさひ)市付近は近世に椿海(つばきのうみ)が干拓されて「干潟八万石」という水田地帯となった。現在、平野全域にキュウリ、トマトなどの園芸農業が盛んであり、北部ではマキの植木生産や養豚に特色がある。[山村順次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

九十九里平野」の用語解説はコトバンクが提供しています。

九十九里平野の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation