@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

九十九里浜【くじゅうくりはま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

九十九里浜
くじゅうくりはま
千葉県東部,太平洋に面する北の刑部 (ぎょうぶ) から南の太東崎に続く弓状砂浜海岸。長さ約 60km。6町=1里 (旧制) で 99里あるところから命名されたと伝えられる。海食台の相対的隆起波浪による漂砂堆積により形成された。イワシ回遊が多く,戦国時代末から地引網漁業が始ったが,明治時代初期からあぐり網漁業と交代した。漁業の発展は海浜納屋を常設させ,納屋集落をつくった。現在は海水浴場としてにぎわっている。 1935年九十九里県立自然公園指定の内側に九十九里道路が通る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くじゅうくり‐はま〔クジフクリ‐〕【九十九里浜】
千葉県東部の弧状砂浜海岸。北は刑部(ぎょうぶ)岬から南の太東崎(たいとうざき)まで、長さ約60キロ。1里を6町(約600メートル)として99里あることによる名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くじゅうくりはま【九十九里浜】
千葉県北東部,太平洋に面する砂浜海岸。北の刑部(ぎようぶ)岬から南の太東崎まで60km続く。矢指浦とも呼び,6町を1里として矢を砂浜に立てて測ったところ99里あったのが地名起源という頼朝伝説が残る。臨海村落は3列で内陸から岡を語尾とする岡集落,その前面新田を語尾とする新田集落,さらに南半は納屋,北半は浜を語尾とする納屋集落が並ぶ。九十九里浜は古くからイワシ漁で有名な地で,地引網は戦国末期に関西の漁民の技術を導入して始まったといわれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

九十九里浜
くじゅうくりはま

千葉県中東部、太平洋に面する長大な砂浜海岸。北は旭(あさひ)市飯岡(いいおか)の刑部岬(ぎょうぶざき)から南はいすみ市岬町(みさきちょう)地区の太東崎(たいとうさき)に至る長さ約60キロメートルの弧状の砂浜である。源頼朝(よりとも)が6町を1里として矢をさし、99里あったところから命名されたという伝説がある。隆起海岸に潮流が砂を運んで形成されたもので、高さ4~6メートルの数列の砂丘がみられる。砂浜は広くて飛砂を防ぐためにクロマツが植えられ、防砂垣が築かれている。近世、紀州からイワシ地引網が伝えられて干鰯(ほしか)が生産され、浜に納屋集落が発達した。明治以後は、2隻の船が沖合いでイワシ網を巻く揚繰(あぐり)網が取り入れられたが、砂浜に漁船を出し入れするのに多大の人力を要した。九十九里町作田(さくた)川に掘込み式漁港(片貝港(かたかいこう))が建設され(1960)、集落をあげて船を押し出す「おっぺし」の風俗はみられなくなった。夏には各地に海水浴場が開設され、海浜レクリエーション施設や民宿が整備されてきたものの、太平洋の波が荒くなる8月に入ると海浜プールを利用する客が多くなる。海浜一帯は県立九十九里自然公園に指定され、南半部には九十九里有料道路が走る。

[山村順次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

九十九里浜
(千葉県匝瑳市)
日本の重要湿地500」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

九十九里浜
(千葉県銚子市・旭市・匝瑳市・山武市・山武郡大網白里町・九十九里町横芝光町・長生郡一宮町・長生村白子町)
日本の渚・百選」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くじゅうくり‐はま クジフ‥【九十九里浜】
千葉県北東部、太平洋に面する砂浜海岸。六町(約六〇〇メートル)を一里として、九九里あるとしたため呼ばれた。刑部岬から太東崎まで弓形の曲線をえがく。イワシの地引網漁業地として知られた。海水浴場としても有名。九十九里。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

九十九里浜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

九十九里浜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation