@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

九十五ヵ条提題【きゅうじゅうごかじょうていだい】

世界大百科事典 第2版

きゅうじゅうごかじょうていだい【九十五ヵ条提題】
1517年10月末,ウィッテンベルク大学の神学教授ルターが,教皇による贖宥効力について,自己の見解を表明した個条文で,宗教改革の口火となったもの。贖宥は,本来,地上におけるキリストの代理としての教皇が,教会に対する信徒の特別な功労にもとづき,その犯した罪のつぐない(教会的刑罰)を赦免する慣行であった。ルターは,修道生活の中で,ひとの救いは善行によらず,もっぱら神の恵みへの信仰によることを確信していたので,当時ドイツで販売されていた贖宥状が,信徒を真の悔改めと唯一の救主キリストへの信仰から引き離すことをおそれ,贖宥問題をめぐる討論会のために,95の論題を公表したのである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

九十五ヵ条提題」の用語解説はコトバンクが提供しています。

九十五ヵ条提題の関連情報

関連キーワード

マムルーク朝マムルーク朝ローディー朝シカンダル・ロディーアリオストカイロマムルーク朝ラファエッロレオ(10世)ローディー朝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation