@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

九品中正【きゅうひんちゅうせい】

世界大百科事典 第2版

きゅうひんちゅうせい【九品中正】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

九品中正
きゅうひんちゅうせい
九品によって人を官につける法という意味で、中国で三国の(ぎ)の初めから隋(ずい)の初期まで(220~582)行われた官吏登用制度。九品官人法ともいわれる。魏は政府の官職を一品から九品までの等級(官品)に分かち、官品に従って待遇を定めた。次に地方の州・郡に中正という官を設け、中正は管内の任官志望の青年につき、その徳行、才能を審査し、一品から九品までの等級(郷品(きょうひん))をつけ内申書を作成した。政府が官吏を採用するにはおおむね郷品より四等下がった官位に初任し、これを起家(きか)という。たとえば郷品二品の者は六品官で起家する。それから昇進して官品が郷品と一致すると、それ以上に上がることができない。ただし、中正は起家後の官吏の品行を絶えず監視し、必要あれば内申書を訂正する義務がある。この法は尚書の陳羣(ちんぐん)の建議によったもので、情実に左右されず、個人の才徳によって官吏を登用することを目的としたが、現実には反対の結果を招いた。すなわち、有力者の子弟はすべて郷品二品と査定され、それがその家の既得権と化し、これに及ばない寒士との間に大きな断絶を生じた。次に家格二品のなかにも上下の差ができ、同一官品のなかでも上流者のつく清官と下流者のつく濁官との別が生じた。そこで政府の人事院(吏部)では貴族の系譜をそらんじて家格に従って官を与えるのが例となり、このような貴族制度は南朝の宋(そう)・斉(せい)のころが絶頂であった。以後しだいに衰え、隋の文帝によって九品官人法が廃止され、かわって科挙が用いられた。ただ官品制は引き続き清(しん)朝末まで行われ、日本にも輸入された。[宮崎市定]
『宮崎市定著『九品官人法の研究』(1956・京都大学東洋史研究会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅうひん‐ちゅうせい キウヒン‥【九品中正】
〘名〙 中国、魏の文帝に始まり隋の初めごろまで行なわれた官吏登用法。地方の州郡に中正を置き、その地方の官吏志望者を九品(九等)に分けさせ、それによって官品(官位)を与えた。実力主義による官吏登用を目的としたが、豪族子弟による官位独占の弊をもたらし、貴族制成立の原因となった。九品官人法。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

九品中正
きゅうひんちゅうせい
三国時代の魏から隋初期まで行われた官吏任用制度
漢の郷挙里選に代わり,魏の文帝が220年に採用。地方の州郡に中央任命の中正官を置き,その地域の官吏志望者の才徳を調査し,9の等級(一品から九品)に分けて政府に報告させる。政府は対応する九品官制をつくっておき,候補者を相応の官品に任命するという制度である。人材登用をねらった制度だが,劉毅 (りゆうき) が「上品に寒門なく,下品に勢族なし」といったように,家柄が重んぜられ,門閥貴族を形成するようになったので,隋になって科挙制が生まれた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

九品中正」の用語解説はコトバンクが提供しています。

九品中正の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation