@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

九州探題【きゅうしゅうたんだい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

九州探題
きゅうしゅうたんだい
室町幕府が九州統制のためにおいた職名。延元1=建武3 (1336) 年2月鎮西に逃れた足利尊氏が,同年3月筑前多々良浜の戦いで勝ち,同4月東上の際,一色範氏鎮西探題として博多にとどめたのに始る。範氏は,所領など経営基盤が弱く,また少弐氏など在来の九州守護との対立があったため解任希望を数回出した。以後観応の擾乱の際は足利直冬に,さらに征西府 (宮方) の勢力に押され,概して九州の幕府方は劣勢であった。建徳2=応安4 (71) 年,今川貞世 (了俊) の補任,下向で,征西府が破壊され,ようやく幕府方の九州制圧がなった。これより「九州探題」と呼ばれた。今川了俊は九州で領国形成の傾向を強くし,応永2 (95) 年8月幕府から解任され,翌年4月渋川満頼が就任した。以後,渋川氏世襲応仁の乱後は有名無実となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きゅうしゅう‐たんだい〔キウシウ‐〕【九州探題】
室町幕府の職名。足利尊氏(あしかがたかうじ)が鎌倉時代の鎮西(ちんぜい)探題にならい、九州統轄のために置いたもの。応仁の乱以後は名目だけになった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きゅうしゅうたんだい【九州探題】
室町幕府が九州統制のため博多においた職,広域行政機関。初めは鎮西管領,鎮西探題とも称される。1336年(延元1∥建武3),九州に敗走した足利尊氏が,筑前多々良浜合戦で勝機を得,大挙東上する際,一色範氏を九州にとどめて幕府軍を統轄させたのが始まり。その後この職にあったのは,南北朝期は一色直氏,足利直冬,斯波氏経渋川義行,今川貞世と変するが,両朝合一後は代々渋川氏であった。
[南北朝期]
 初代鎮西管領一色範氏は,一族を軍事指揮者として九州各国に派遣したが,46年(正平1∥貞和2)子息直氏を下向させ,以後は父子一体となってその政務をとる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

九州探題
きゅうしゅうたんだい

室町幕府が九州統制のために設けた職。1336年(延元1・建武3)九州に敗走した足利尊氏(あしかがたかうじ)が、再挙東上する際、一色範氏(いっしきのりうじ)(法名道猷(どうゆう))をとどめて九州幕軍の最高責任者として九州経営にあたらせたのが始まりである。探題の権限は幕府方の武士に対する軍事指揮を中核とし、民事関係の訴訟については、相論の内容を調査して幕府に注進し、この裁定を施行することであった。範氏ののち子息直氏(なおうじ)が父とともに事にあたり、また足利直冬(ただふゆ)、斯波氏経(しばうじつね)らが九州探題の任についたが、南朝方の征西将軍宮(せいせいしょうぐんのみや)(懐良(かねよし)親王)の軍に圧迫されて振るわず、1365年(正平20・貞治4)8月探題に任ぜられた渋川義行(しぶかわよしゆき)などは中国のあたりを往返するだけで、ついに九州に入ることができず、帰京するというありさまであった。しかし、1371年(建徳2・応安4)2月、今川貞世(さだよ)(法名了俊(りょうしゅん))が挙用されその任につくや、しだいに宮方を制圧し、九州経営が進められた。1396年(応永3)渋川満頼(みつより)がかわり、以後同氏が世襲したが、応仁(おうにん)の乱(1467~77)後はほとんど有名無実となった。

[上田純一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅうしゅう‐たんだい キウシウ‥【九州探題】
〘名〙
② 室町幕府が九州および壱岐、対馬を統治するために置いた職。軍事、警察、訴訟および渉外事務を担当し、その役所は博多に置かれた。筑紫探題。
※杜詩続翠抄(1439頃)二「凡開府則譬日本国鎌倉御所九州探題者是也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

九州探題
きゅうしゅうたんだい
室町幕府の地方職名
鎌倉幕府の鎮西探題にならったもの。1336年九州に敗走した足利尊氏が東上する際,一族の一色範氏 (のりうじ) らを任命。九州の守護大名統制と南朝勢力の制圧とを任務とした。'71年今川了(貞世)が就任して大いに成果をあげ,その後,渋川満頼が任ぜられ以後渋川氏が世襲した。応仁の乱(1467〜77)以降は有名無実となる。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

九州探題」の用語解説はコトバンクが提供しています。

九州探題の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation