@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

九州横断道路【きゅうしゅうおうだんどうろ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

九州横断道路
きゅうしゅうおうだんどうろ
九州の中央部を東西に走る観光道路。別府-長崎間で全長約 300km。中心は別府-久住 (九重) 高原阿蘇山を結ぶ別府阿蘇道路 (やまなみハイウェー) で,1964年完成。ほかに島原道路,雲仙道路などと国道 57号線,三角島原国道フェリーを含む。沿線には城島飯田,瀬ノ本などの高原,九重,阿蘇,雲仙などの火山群とその周辺の温泉群があり,変化に富む。九州中央部の観光,産業,経済,文化の発展に寄与するところが大きい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

九州横断道路」の用語解説はコトバンクが提供しています。

九州横断道路の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation