@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

九鬼【くき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

九鬼
くき
九木とも書く。三重県南部,尾鷲市東部の漁業地区。旧村名。急峻な紀伊山地が沈水したリアス湾入の奥にあり,かつては水運に頼ったが 1958年紀勢本線が通じた。南北朝時代から江戸時代にかけて勇名をはせた九鬼水軍発祥の地として知られる。大敷網によるブリ漁が主で,ハマチや真珠養殖も行われる。九木神社樹叢は天然記念物。吉野熊野国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くき【九鬼】
姓氏の一。
[補説]「九鬼」姓の人物
九鬼周造(くきしゅうぞう)
九鬼嘉隆(くきよしたか)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くき【九鬼】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

九鬼
くき

三重県南部、尾鷲市(おわせし)の一地区。旧九鬼村。熊野灘(なだ)九木(くき)岬の南、九鬼湾の北岸にある。南北朝時代以降九鬼水軍として名を馳(は)せた九鬼一族発祥の地という。古来海上交通の要地で、風待ち港として利用され、江戸時代には狼煙(のろし)場や外国船見張番所も置かれた。付近は豊かな漁場で鰤大敷網(ぶりおおしきあみ)が有名。1月には九鬼鰤祭りが行われる。半島の大部分は魚付林として保護された原生林で、県の天然記念物、また吉野熊野国立公園特別保護地区に指定されている。JR紀勢本線、国道311号が通じる。

[伊藤達雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くき【九鬼】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

九鬼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

九鬼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation