@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

乞食【こじき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

乞食
こじき
こつじきともいう。本来は仏教托鉢の意であったが,のち転化して,他人に物乞いをして生活する者を総称して食というようになった。路傍にすわって通りがかりの人から物乞いするのをカタイ,家々を訪れて金品をもらい歩くのをモノモライといい,薦 (こも) を着てどこにでも寝起きするのでオコモなどという。古語ホイトというのは祝人 (ほぎびと) の転じたもので,正月をはじめ年中行事のおりおりに家々を訪れ,めでたい祝福の言葉を述べ,そのお礼に金品をもらったもので,本来は万歳,春駒,福俵大黒舞獅子舞,琵琶弾奏などの芸を行い,その見返りとして施しを受ける者のことであった (→門付芸 ) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乞食
こつじき
paiṇḍapātika
仏教用語。インド一般の出家修行者に認められた生活法。一定行儀作法に従って在家から食物を乞う。仏教ではその作法によって規定されている。日本では中国伝来以来托鉢の名称によっても知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こ‐じき【乞食】
《「こつじき」の音変化》
食物や金銭を人から恵んでもらって生活すること。また、その人。ものもらい。おこも。
こつじき1」に同じ。
「食ふべき物なし。雪消えたらばこそ、出でて―をもせめ」〈古本説話集・下〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こつ‐じき【乞食】
[名](スル)
僧侶が修行のため、人家の門前に立って、食を請い求めること。また、その僧。托鉢(たくはつ)。分衛(ぶんえ)。「乞食行脚(あんぎゃ)」
こじき(乞食)1」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こじき【乞食】
食物や生活に必要な金品を他人に乞うて暮しをたてている者の総称。
[日本]
 こじきは地方によりコジキ,モライ,カタイ,ホイト,カンジン,ヘンドなどをはじめ実にさまざまの呼び名がある。ただしコジキの呼び名がもともとは仏教僧の托鉢(たくはつ)を意味する乞食(こつじき)からきているように,その多くは本来の意味からの転用である。したがって,こじきの範囲は今日一般に考えられているよりもはるかに広く,そのさかいめもあいまいであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

かたい【乞食】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

こつじき【乞食】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こじき【乞食】
古くはこつじき
金銭・食べ物などを人からもらって生きていくこと。また、その者。ものもらい。おこも。 争ふ所の車夫を見、-する翁を見/欺かざるの記 独歩

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こつじき【乞食】
スル
僧侶が人家の門前に立ち、食を求めながら行脚あんぎやして修行すること。また、その僧。托鉢たくはつ。頭陀ずだ。行乞ぎようこつ
こじき(乞食)に同じ。 -、道のほとりに多く/方丈記

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ‐じき【乞食】
〘名〙 (「こつじき」の変化した語)
① 他人から金銭や食物などを恵んでもらうこと。また、そのようにして生活すること。そういうことをする人をもいう。おこも。ものもらい。乞丐(こつがい)。かたい。ほいと。
※宇津保(970‐999頃)藤原の君「かうぜちとては、こじきするまねをする」
※玉塵抄(1563)一四「存外にをごれば徳や果報がつきて、子孫もなく、あれども、ひらうしてこじきするぞ」
※古本説話集(1130頃か)五三「この法師、糧たえてひごろふるままに、くふべき物なし。雪きえたらばこそ、いでてこじきをもせめ」
[補注]家々を訪れては神の祝福のことばを告げて、食を乞い求めた「ほかいびと(乞食)」が、仏教の頭陀行(ずだぎょう)の一つである「乞食(こつじき)」と混淆して、「こじき」の語を生じた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こじ・く【乞食】
〘自カ四〙 (名詞「こじき」を活用させた語)
① 乞食をする。
※仮名草子・長者教(1627)「うきよをば、ゆめとおもひて、あそぶこそ、しなねばのちは、こちくばかりよ」
② 「行く」「する」などの動作を卑しめていう語。
※雑俳・川柳評万句合‐明和五(1768)梅三「六夜待ち又野郎めがこじくのか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こつ‐じき【乞食】
〘名〙 (「こつ」は「乞」の慣用音。「じき」は「食」の呉音)
① 仏語。僧が、人家の門に立ち、食を請いもとめながら行脚(あんぎゃ)し、仏道を修行すること。また、その僧。頭陀(ずだ)。行乞(ぎょうこつ)。分衛。托鉢(たくはつ)。こじき。
※令義解(718)僧尼「其有乞食者。三綱連署。経国郡司。勘知精進練行判許」 〔法集経‐一〕
② こじきをすること。また、その人。
※方丈記(1212)「乞食、路のほとりに多く」
※源平盛衰記(14C前)四二「辛命生て、乞食(コツジキ)して這々京へ上ける者也」 〔称謂録‐乞・乞食〕
[語誌](1)中古の「こじき」は促音の無表記で、「こっじき」と読むべきか。中世から近世にかけて「こつじき」が一般的で、近世にしだいに「こじき」が増え、近代以降「こじき」が普通となった。
(2)本来は托鉢(たくはつ)のことで僧の修行の一つであったが、中世頃から物もらいの意が主になり、近世になると托鉢の意ではあまり用いられなくなる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こつ‐じ・く【乞食】
〘自カ四〙 (名詞「こつじき(乞食)」を動詞化した語) 乞食をする。こじく。
※幸若・信太(室町末‐近世初)「身はうへ人となるまま袂に物をこつしき」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こち‐じき【乞食】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乞食」の用語解説はコトバンクが提供しています。

乞食の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation