@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

也有【やゆう】

世界大百科事典 第2版

やゆう【也有】
1702‐83(元禄15‐天明3)
江戸中期の俳人。姓は横井,名は時般(ときつら)。通称は孫右衛門。初号は素分,野有。別号は蓼花巷(りようかこう),知雨亭,半掃庵,蘿隠(らいん)など。名古屋の生れ。横井家は代々尾張徳川家に仕え,也有も御用人となり,大番頭寺社奉行などを兼ねた。1754年(宝暦4)53歳のとき勤めを退いて隠居し,風流に遊んだ。俳諧は祖父や父の感化によるもので,美濃派巴雀,巴静に点を請うたこともある。狂歌書画謡曲などをもよくする多才な趣味人であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やゆう【也有】
横井よこい也有

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

也有
やゆう
(1702―1783)
江戸中期の文人、俳人。尾張(おわり)藩(愛知県)重臣横井時衡(ときひら)の長男として生まれ、時般(ときつら)と名のる。26歳で家督相続、以後御用人、大番頭(がしら)、寺社奉行を兼役ののち53歳で致仕、前津(まえづ)(名古屋市中区)知雨亭に隠栖(いんせい)、以後30年風雅三昧(ざんまい)の生活を送る。也有はその号。別号に野有、知雨亭、蘿隠(らいん)など。その俳系は支考(しこう)『続五論』(1699)の説の尊重や、支考門人巴静(はじょう)に教えを請うこと20年という事実から美濃(みの)派と思われる。俗談平話を用いる作風に加えて軽妙洒脱(しゃだつ)な風味があって、その特徴は俳文集『鶉衣(うずらごろも)』(1787前編刊)にいかんなく発揮されている。生来多芸多能で武道、詩歌、狂歌、書画、謡曲にも優れていた。天明(てんめい)3年6月16日没。尾張海部(あま)郡藤ヶ瀬村(現愛西(あいさい)市)西音寺に葬る。[中野三敏]
『石田元季著『也有研究』(『校訂註釈―鶉衣』所収・1928・春陽堂書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やゆう〔ヤイウ〕【也有】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

也有 やゆう

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

也有
やゆう
横井也有」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やゆう ヤイウ【也有】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

也有」の用語解説はコトバンクが提供しています。

也有の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation