@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【なり】

大辞林 第三版

なり【也】
助動 なら ・なり ・なり ・なる ・なれ ・なれ
格助詞に動詞ありの付いたにありの転
断定の助動詞。体言および活用する語の連体形に接続する。また、副詞の「かく」「しか」、助詞の「ば」「ばかり」「て」「と」「のみ」「まで」「より」などにも付く。
事物や動作・状態などについて説明し断定することを表す。である。だ。 世の中にある人、ことわざしげきものなれば、心に思ふことを、見るもの、聞くものにつけて、いひいだせるなり/古今 仮名序 この人、歌よまむと思ふ心ありてなりけり/土左 この大臣おとどの末かくなり/大鏡 頼忠 人に恐れ、人に媚ぶるは、人の与ふる恥あらず。貪る心にひかれて、自ら身を辱しむるなり/徒然 134
場所などを表す語に付いて、そこに存在することを表す。 春日なる三笠の山に月の舟出づ/万葉集 1295 なるさぶらいめしにつかはしなどす/枕草子 87
(連体形「なる」の形で)ある名をもっていることを表す。 大井なる所にて人々酒たうべけるついでに/後撰 雑三詞 此の一巻や、しなのの俳諧寺一茶なるものの草稿にして/おらが春
(連用形「なり」の形で)指定する意で事柄を並列することを表す。 婿なりなり、治兵衛がこと頼む/浄瑠璃・天の網島
(終止形「なり」の現代用法)
(多く「也」と書く)証書・帳簿などで金額を示すのに、それ以下の端数のないことを表す。一金五百万円也
珠算の読み上げ算で、一項の数値ごとに付けて区切りを明らかにする。御破算で願いましては百円なり、… は近世以降の用法。しだいに助詞化して、並立助詞としても扱われる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

也の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation