@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

乱れ箱【ミダレバコ】

デジタル大辞泉

みだれ‐ばこ【乱れ箱】
畳んだ衣類や手回り品などを一時入れておく、漆塗りでふたのない浅い箱。
くしけずった髪を入れるふたのない箱。
香道で、香元に置いて、種々の香道具を入れる

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

みだればこ【乱れ箱】
畳んだ衣服や手回り品などを一時的に入れておくための、浅い箱。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

乱れ箱
みだればこ
衣服や手回り品などを暫時入れておくための蓋(ふた)のない浅い箱。ほぼ縦6、70センチメートル、横4、50センチメートルで漆塗り、桑・桐(きり)製などのほか、竹を編んだものなど種々ある。乱れ箱は平安時代の打乱箱(うちみだりばこ)と中世の広蓋(ひろぶた)とが一つになったものである。打乱箱は縦・横が30センチメートル前後、深さ3センチメートルほどの蓋のない箱で、女性が寝るときにかもじなどを入れたり、髪を梳(す)くときに使ったり、手巾(てのごい)を入れたりするのに用いられた。広蓋は衣服などの引出物をのせる蓋のない箱で、元来は櫃(ひつ)や長持の蓋を用いたが、のちには専用につくられるようになった。これが明治以後、脱ぎ捨てた衣服などを入れるのに旅館などで使われるようになり、乱れ箱とよぶようになった。[小泉和子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乱れ箱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

乱れ箱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation