@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

乱泥流【ランデイリュウ】

デジタル大辞泉

らん‐でいりゅう〔‐デイリウ〕【乱泥流】
海底に堆積していた土砂が、地震の地滑りなどによって攪拌(かくはん)され、高密度の懸濁(けんだく)水となって海底斜面を流れ下るもの。浸食して谷を刻み、深海底などへ大量の土を運搬する。混濁流

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

乱泥流
density current: 海底または地層底の流れで,堆積物を含んだために周囲の流体よりも密度の高い流体の塊の流れによって形成される.温度は低く,塩分濃度が高い[Daly : 1936, Kuenen : 1947].乱流によって撹拌された砕屑物水中に懸濁して,周囲の澄んだ水よりも高い密度の水塊を形成し,水底に沿って移動する流れを乱流という[木村ほか : 1973].密度の異なる流体が接しているときに,密度の大きい方が小さい方の下に突っ込む形で生じる流れのこと[久保ほか : 1992].
turbidity current: →混濁流

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

らんでいりゅう【乱泥流】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

らんでいりゅう【乱泥流】
泥・砂などの混じった海水の流れ。海底の地すべりに伴って生じる。混濁流。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

らんでい‐りゅう ‥リウ【乱泥流】
〘名〙 海底の未固結の堆積物が一度に海底斜面を滑り落ちる現象。このため、海底に深い谷がえぐられたり、海底電線が切断されたりする。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

乱泥流
らんでいりゅう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乱泥流」の用語解説はコトバンクが提供しています。

乱泥流の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation