@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

乱調【らんちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

乱調
らんちょう
hunting
ハンティング。一般に,機器や装置の動作が不安定なために起る持続的な振動状態をいう。 (1) 自動制御では,制御系の安定度の不足のために起る好ましくないサイクリング (制御量が同期的に変化する状態) を乱調という。 (2) 並行運転をしている同期発電機に負荷急変があると,回転体の慣性によって,回転子の速度振動が起り,同期機は,同期速度を中心として内部相差角の振動を起す。これを乱調という。振動が大きくなると,同期はずれ (脱調) を起すこともある。乱調を防止するため,磁極面に制動巻線を施す。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

らん‐ちょう〔‐テウ〕【乱調】
[名・形動]《「らんぢょう」とも》
調子が乱れていること。また、乱れた調子や、そのさま。乱調子。「先発投手が乱調ですぐに降板する」
「―にどやどやと余の双眼に飛び込んだのだから」〈漱石草枕
詩歌が法則からはずれていること。また、破格の詩歌。
乱調子2」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

らん‐ちょう ‥テウ【乱調】
〘名〙 (「らんぢょう」とも)
① (形動) 調子を乱すこと。また、乱れた調子やそのさま。乱調子。
※浄瑠璃・吉野都女楠(1710頃か)かちぢの御幸「神楽堂の大太鼓、らん調(デウ)に打ち」
② 法則によっていない詩歌。格を乱した詩歌。
③ =らんちょうし(乱調子)②〔現代語大辞典(1932)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乱調」の用語解説はコトバンクが提供しています。

乱調の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation