@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

乳汁【チシル】

デジタル大辞泉

ち‐しる【乳汁】
乳から出る。にゅうじゅう。ちち。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にゅう‐じゅう〔‐ジフ〕【乳汁】
乳(ちち)1」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にゅうじゅう【乳汁】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ち‐しる【乳汁】
〘名〙 =ちち(乳)
※古事記(712)上「爾に𧏛貝比売、岐佐宜(きさげ)集めて、蛤貝比売、待ち承けて、母の乳汁(ちしる)を塗りしかば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちち‐しる【乳汁】
〘名〙
① =ちち(乳)
※開化の入口(1873‐74)〈横河秋濤〉三「乳汁(チチシル)は潼酥酪或はおまへさまの仏法でも醍醐と云ッて」
② 植物の葉や茎を傷つけたときに出る白い液汁。ちち。
※藤棚(1912)〈森鴎外〉「白い乳汁(チチシル)の指に滴たる蒲公英(たんぽぽ)の茎」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にゅう‐じゅう ‥ジフ【乳汁】
〘名〙
① 哺乳類の雌親の乳腺から分泌される液体。たんぱく質・脂肪・炭水化物のほか、ビタミンや無機質を含み栄養価値が高い。乳(ちち)。ちしる。
※解体新書(1774)三「乳。〈略〉是婦人之一態具也。乳汁成焉」
② 植物などからとれる乳状の液体。〔羅葡日辞書(1595)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乳汁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

乳汁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation