@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

乳酸デヒドロゲナーゼ【にゅうさんデヒドロゲナーゼ】

世界大百科事典 第2版

にゅうさんデヒドロゲナーゼ【乳酸デヒドロゲナーゼ lactate dehydrogenase】
次の反応を触媒する酸化還元酵素。糖を分解する解糖系の末端において,ピルビン酸を乳酸に還元する重要な酵素。分子量は約14万で,補酵素としてNADH(酸化反応の場合はNAD)を必要とする。四つのサブユニットからなり,アイソザイムの代表例として知られている。すなわち,この酵素のサブユニットポリペプチド鎖にはM(筋肉)型とH(心臓)型の2種があるため,酵素全体ではM4,M3H,M2H2,MH3,H4の5種のアイソザイムが存在する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

乳酸デヒドロゲナーゼ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

乳酸デヒドロゲナーゼの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation