@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

乾果【かんか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

乾果
かんか
dry fruit
一種で,果皮の乾燥したもの。果実は,果皮が乾燥したとき開裂するかどうかによって裂開果閉果に分類できるが,裂開果はいずれも乾果である。一方,閉果で乾果であるもののうちにも,果皮が堅くて種子から離れやすい堅果 (カシなど) ,子房の数だけに分裂する分離果 (アオイなど) ,果皮が翼状に伸び出る翼果 (カエデなど) ,穎 (えい) が果実を包む穀果または穎果 (イネなど) のように,諸種の型がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かん‐か〔‐クワ〕【乾果】
成熟すると果皮が木質や革質になって硬くなる果実。のちに果皮が裂開する裂開果と、裂開しない閉果とに分けられる。乾燥果。→液果

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんか【乾果】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんか【乾果】
熟すと果皮が乾燥する果実。果皮が裂けて割れるかどうかによって裂果と閉果とに分ける。乾燥果。 ⇔ 液果裂開果閉果果実
果実を日光や火力によって乾燥させたもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐か ‥クヮ【乾果】
〘名〙
① 成熟するに従って果皮が乾燥する果実の総称。木質または革質になる果実。果皮が自然に割れるか否かで、裂果と閉果に分けられる。前者には、莢果(きょうか)(=ダイズ)、蒴果(さっか)(=アサガオ)など、後者には穎果(えいか)(=イネ)、翅果(しか)(=カエデ)、堅果(けんか)(=ドングリ)、胞果(ほうか)(=ケイトウ)、痩果(そうか)(=タンポポ)などがある。乾燥果。⇔液果
※匏菴遺稿(1900)〈栗本鋤雲〉暁窓追録補「乾菓の柯を辞するが如し」
② 果実を、日に干したり火力で乾燥させたりしたもの。ほしがき、ほしぶどうなど。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乾果」の用語解説はコトバンクが提供しています。

乾果の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation