@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

亀山【カメヤマ】

デジタル大辞泉

かめ‐やま【亀山】
京都市右京区の嵯峨にある山。大堰(おおい)川に臨み、嵐山に対する。嵯峨天皇後嵯峨天皇亀山上皇離宮亀山殿があった。
三重県北部の市。もと東海道宿場町、石川氏の城下町緑茶・紅茶や美術蝋燭(ろうそく)を産する。平成17年(2005)1月に関町合併。人口5.1万(2010)。
亀の上の山」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かめやま【亀山】
丹波国桑田郡の城下町(現,京都府亀岡市)。口丹波の交通の要地。地名の起りは1579年(天正7)明智光秀が築城して亀山城と名付けたことによる。城郭は大堰川右岸の台地にあり,城下町はその南部に建設されたが,人家を移住させた柏原(かせばら),三宅,古世などの9ヵ村を母体に,惣外堀内に取り込んだ城下町16町と城下外の4町で構成された。町々には町役として肝煎がおり,町全体のまとめ役には町年寄3名があたった。また町々の属する村には1~2名の庄屋がおり二重の組織が存在したようである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

事典・日本の観光資源

亀山
(三重県亀山市)
東海道五十三次指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亀山
(福井県大野市)
ふるさと福井の自然100選」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かめ‐やま【亀山】
[1]
[一] 中国の東の海にあって神仙が住むとされ、大亀が背負っているといわれる蓬莱山(ほうらいざん)の異称。亀の尾の山。亀の上の山。
※貫之集(945頃)五「かめやまのかげをうつしてゆく水にこぎくる舟はいくよへぬらん」
[二] 三重県北部、鈴鹿山脈の東の地名。江戸時代、石川氏五万石の城下町。また、東海道五十三駅の宿駅の一つ。茶・美術蝋燭(ろうそく)で有名。昭和二九年(一九五四)市制。
※浄瑠璃・出世景清(1685)道行「庄野につづくかめ山は、たがためながきよろづよと」
[三] 京都市右京区嵯峨、天龍寺の西にある山。後嵯峨・亀山両院などの離宮があった。大堰(おおい)川に臨み、嵐山に対する。亀の尾の山。嵯峨の山。
※寛和二年内裏歌合(986)「かめやまの子の日の小松ひき見つつ君がためにと祈る今日かな〈藤原明理〉」
[2] 〘名〙 「かめやま(亀山)のお化け①」の略。
※雑俳・柳多留‐一〇五(1828)「化けそふな親仁亀山うってゐる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

亀山
(通称)
かめやま
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
亀山仇討
初演
享保13.11(大坂・姉川新四郎座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亀山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

亀山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation