@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

亀田【かめだ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

亀田
かめだ
新潟県中部,新潟市北部の旧町域。新潟平野の中央にある。 1889年町制。 2005年新潟市に編入。 2007年政令指定都市化に伴い大部分江南区の一部となった。阿賀野川信濃川下流に挟まれた砂丘地帯を占め,中心集落の亀田は元禄年間 (1688~1704) に新発田藩市場町として発展。合成繊維の婦人服地,米菓,機械工業が立地。亀田梨が特産。 1949年栗ノ木川に排水機場ができ,低湿地が乾田化された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亀田
かめだ
秋田県南西部,由利本荘市岩城町の中心集落。旧町名。日本海に面する。 1955年道川村と合体して岩城町となる。江戸時代は岩城氏2万石の城下町として発展。もと赤尾津と呼ばれた地に,岩城吉隆が陣屋を設けて亀田と称した。寛文年間 (1661~73) に新田開発が盛んとなり,羽越本線開通までその中心地として栄えた。江戸時代からの亀田地織や,竹細工は特産。衣川上流に不動ノ滝がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かめだ【亀田】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かめた【亀田】
(「かめだ」とも) 姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かめだ【亀田】
北海道南西部、渡島(おしま)支庁の郡。亀田半島(渡島半島南東部)の大部分を占める。明治二年(一八六九)渡島国の一郡として成立。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亀田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

亀田の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation