@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【カメ】

デジタル大辞泉

かめ【亀】
カメ目の爬虫(はちゅう)類の総称。体の構造は中生代の祖先形から大きな変化がなく、背面と腹面とに骨質の甲をもち、中に頭・四肢・尾を引っ込めて身を守る。あごはくちばし状になり、歯はない。水・陸にすみ、イシガメクサガメウミガメゾウガメなど、種類が多い。長寿で、(つる)とともに縁起のよい動物とされる。
《カメは酒をよく飲むといわれるところから》大酒飲みのこと。
紋所の名。親子亀、亀の丸、亀下り、三つ追い亀など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き【亀〔龜〕】[漢字項目]
常用漢字] [音](呉)(漢) [訓]かめ
〈キ〉
爬虫(はちゅう)類の名。カメ。「亀甲(きこう・きっこう)神亀
占いに用いるカメの甲。「亀鑑亀卜(きぼく)亀裂
〈かめ(がめ)〉「石亀海亀鶴亀
[名のり]あま・すすむ・ひさ・ひさし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かめ【亀】
カメ目の爬虫類の総称。体は背甲と腹甲で覆われ、この二つの甲は体側でつながって箱状となり、頭・尾、および四肢の出る穴がある。大半は水陸両生生活をするが、水中または陸上のみで生活する種もある。歯をもたない。水辺の砂地に穴を掘って産卵する。陸上での行動はのろい。現存のイシガメ・スッポン・タイマイ・ウミガメなどのほかに化石として発見される種が多い。古来、万年の齢よわいを保つといわれ、鶴とともに吉兆を表すめでたい動物として喜ばれる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かめ【亀】
〘名〙
① 爬虫(はちゅう)綱カメ目に属する動物の総称。ただし、普通にはカメ目からスッポン科を除いたものをいう。他の脊椎動物とは体制が著しく異なって、背面および腹面に甲を有し、両甲は側面でつながっており、頭、四肢(しし)、尾のみを甲の外に出し、多くはそれらを内におさめることができる。甲は表皮が角質で、その内側が骨質で堅いが、スッポン、オサガメなどのように柔らかいものもある。顎(あご)は嘴状(くちばしじょう)になり、歯がない。卵生で、水中に生活するものが多いが、それらでも必ず産卵は陸上で行なう。また、リクガメ等は陸棲(りくせい)である。その種類は二三〇以上にのぼるが、多くは熱帯、亜熱帯に産する。日本で見られるものは、淡水産でイシガメ、クサガメ、それにスッポン、海産のものではアオウミガメ、アカウミガメ、タイマイ、オサガメ等である。沖縄にはヤマガメ、セマルハコガメを産する。万年のよわいを保つといわれて、鶴とともにめでたい動物としてとうとばれる。がめ。水亀(すいき)
※古事記(712)中「亀(かめ)の甲(せ)に乗りて釣(つり)為つつ打ち羽挙(はぶ)き来る人」
② 亀卜(きぼく)に用いる亀の甲。
※万葉(8C後)一六・三八一一「卜部すゑ 亀(かめ)もな焼きそ 恋ひしくに」
③ ①を模様化したもの。また、①を図案化した紋所の名。親子亀、亀下り、亀の丸、三つ追い亀、みの亀の丸、二つ追い亀の丸、子持ち亀の丸、蓬莱亀(ほうらいがめ)、珖琳亀(こうりんがめ)、寿(ことぶき)の字の亀、その他種類が多い。
※たまきはる(1219)「からあやの三こそで、もんみなかめ」
④ 大酒を飲む人をいう。亀はよく酒を飲むとされることからたとえていう。大酒飲み。
⑤ 足のおそいこと。また、その人。亀の歩くのがおそいのにたとえていう。
⑥ 首をすくめ、手足を縮めたさま、かっこう。亀が首や四肢(しし)を甲の中に引っ込めたさまにたとえていう。
※雑俳・柳多留‐三七(1807)「亀といふ身でしゃがんでる寒ひ事」
⑦ 陰茎をいう俗語。その形が亀の首に似ているところからいう。
※洒落本・三教色(1783)後座「『亀のつらが出た』『下卑をいわっしゃんな』」
[語誌](1)亀を題材にした説話には、「書紀‐雄略二二年七月」などに見える浦島伝説や「今昔‐一九」などの報恩譚があり、これら二種の説話が後に結びついて御伽草子「浦島太郎」が成立する。
(2)今日一般にはカメとスッポンを区別しているが、スッポンをも「かめ」という地方も少なくない。また、スッポンを「がめ」と濁音にしてカメと区別する地方もある。→がめ(亀)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がめ【亀】
〘名〙 「すっぽん(鼈)」の異名
※物類称呼(1775)二「鼈 すほん〈略〉加賀及能登越中越後にて、がめと云」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

亀の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation