@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

予備選挙【よびせんきょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

予備選挙
よびせんきょ
primary election
アメリカの選挙制度民主共和の二大政党がそれぞれ各で行い,これらの州の予備選挙を勝ち抜いた候補者がその政公認候補となる。ただし正式に党から大統領候補として指されるのは,全国党大会である。 19世紀のアメリカでは各種選挙の政党候補者を選択する権限が政党の一部の幹部の手に握られていた。この状態を打破するため革新主義者が導入に努めたのが予備選挙である。この制度の採用に踏切った州では,州の費用によって党候補者を一般党員の投票によって選出することを政党に義務づけた。州段階以下の公職の選挙についてはほとんどの州がこの制度を導入しており,大統領候補選出代議員選挙についても 30州前後でこれを実施している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

よび‐せんきょ【予備選挙】
候補者を絞り込むために、本選挙の前に行われる選挙。米国の大統領選挙では、選挙の年に各州で行われ、共和党民主党の公認候補が一人に絞られる。これは間接選挙で、有権者は、全国党大会に出席して正副大統領候補を選出する代議員を選ぶ。その方法として、通常の選挙のように投票所で秘密投票を行う狭義の予備選挙と、集会場で話し合いや挙手によって決める党員集会の2つがあり、州によって異なる。米国では、連邦議会議員選挙や州知事選挙でも予備選挙が行われる。予備選。プライマリー。→スーパーチューズデー

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よびせんきょ【予備選挙 primary election】
アメリカ合衆国において,有権者が政党の公職候補者や全国党大会に出席する代議員を直接選ぶ選挙のことをいう。19世紀の前半までは,政党の幹部会等によって公職候補者が決められていたが,有権者の意思が十分に反映されず,また党幹部の不正が行われたことから批判が生じ,新しい制度が導入された。1903年,ウィスコンシン州において直接投票によって党の公職候補者を選出する方法が州法で定められて以来,しだいに多くの州で立法化されていった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

よびせんきょ【予備選挙】
アメリカで、有権者が政党の候補者や大統領候補を指名する代議員を選ぶ選挙。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よび‐せんきょ【予備選挙】
〘名〙 はじめから直接に選挙で当選者を決めることなく、いったん候補者を選ぶ手続きを予備段階で行なうこと。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

予備選挙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

予備選挙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation