@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

予定【よてい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

予定
よてい
predestination
神は救うべき者を永遠の昔から選んであるというキリスト教の教理 (ほかの宗教でも同様の思想はある) 。主として『ローマ人への手紙』8章 28~30のパウロの言葉に準拠し,予定の根拠争点として3つの立場に大別できる。すなわち半ペラギウス派 (→半ペラギウス説 ) などは,神は人間の功徳を予見して救いを予定すると主張した。このの立場はドルト教会会議の決定を代表するカルバン派 (→カルバン主義 ) やジャンセニストらで,将来の功徳とは関係なしに神は救うべき者,処罰すべき者を永遠に欲するがままに決したと主張した。第3の立場はトラスらのそれで,救いは神の無償の業であり,滅亡は人間の罪のためであるとした。いずれの説も神の恩恵と人間の自由との関係を完全に説明しつくしてはいない。なお,カトリックでは第2のゴットシャルクやカルバン派の考えのみを予定説と呼んでこれを異端とすることがある (→恩恵論争 ) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

よ‐てい【予定】
[名](スル)行事や行動を前もって定めること。また、そのことがら。「会議の予定を入れる」「旅行は来月に予定している」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

予定」の用語解説はコトバンクが提供しています。

予定の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation