@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

予防接種法【ヨボウセッシュホウ】

デジタル大辞泉

よぼうせっしゅ‐ほう〔ヨバウセツシユハフ〕【予防接種法】
感染症予防症状軽減・まん延防止などを目的として昭和23年(1948)に制定された法律
[補説]予防接種には、全額公費負担の定期接種と、希望者が自己負担で受ける任意接種がある。平成6年(1994)の改正で、定期接種は義務接種から勧奨接種に切り替えられた。また、平成13年(2001)の改正では、65歳以上および60歳以上65歳未満で心臓腎臓呼吸器疾患のある人などを対象に、インフルエンザの予防接種の費用が一部助成されるようになった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よぼうせっしゅほう【予防接種法】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

よぼうせっしゅ‐ほう ヨバウハフ【予防接種法】
〘名〙 伝染のおそれがある疾病の発生および蔓延を予防するために、予防接種を行ない、公衆衛生の向上や増進に寄与することを目的とした法律。昭和二三年(一九四八)制定。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

予防接種法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

予防接種法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation