@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

二〇〇海里漁業水域【にひゃくかいりぎょぎょうすいいき】

日本大百科全書(ニッポニカ)

二〇〇海里漁業水域
にひゃくかいりぎょぎょうすいいき
沿岸から200海里までの漁業について、沿岸国が排他的管轄権を行使する水域。アメリカが1977年にこの水域を設定すると、これに倣って各国が連鎖的に設定したので短期間に国際制度になった。日本も、77年(昭和52)施行の「漁業水域に関する暫定措置法」で沿岸に設定した。しかし、82年の国連海洋法条約は、漁業にだけ限定されない包括的な排他的経済水域の制度を樹立したので、98年現在では、アメリカを含め100か国を超える諸国が、200海里排他的経済水域を設定するようになっている。日本も、1996年に国連海洋法条約を批准したさい、「漁業水域に関する暫定措置法」を廃止し、「排他的経済水域及び大陸棚に関する法律」を制定し、200海里の排他的経済水域を設定した。[高林秀雄・田中則夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二〇〇海里漁業水域」の用語解説はコトバンクが提供しています。

二〇〇海里漁業水域の関連情報

関連キーワード

マイケル フェルプスライアン ロクテライアン ロクテアーロン ピアソルアーロン ピアソルアリソン フェリックスマーリーン オッティカースティ コベントリーカースティ コベントリーマイケル フェルプス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation