@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

二上山【にじょうざん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

二上山
にじょうざん
奈良県大阪府にある金剛山地北部の。別称二子山 (ふたごやま) 。古い火山岩からなり,の雄岳 (517m) との雌岳 (474m) がある。古くは「ふたかみやま」と呼ばれ『万葉集』に多くのが詠まれている。雄岳の頂上大津皇子,雌岳の西稜に鹿谷寺跡がある。金剛生駒紀泉国定公園の一部。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二上山
ふたがみやま
富山県北西部,高岡市の北東部にある山。標高 274m。主として新第三紀の砂岩層から構成され,西側は断層によって海老坂の鞍部に接し,東側は雨晴海岸に達している。万葉の昔,越中国国守として赴任した大伴家持が月と紅葉の名所と詠んだ。仏舎利塔,大梵鐘があり,万葉植物園,青少年の家などが設けられている。ドライブコースの二上山万葉ラインも通じ,氷見海岸とともに能登半島国定公園に含まれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にじょう‐さん〔ニジヤウ‐〕【二上山】
大阪府と奈良県との境にある火山。金剛山地北部に位置し、北の雄岳(だけ)(標高517メートル)と南の雌岳(だけ)(標高474メートル)の二峰からなる。雄岳山頂に大津皇子(おおつのみこ)の墓がある。ふたかみやま。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふたかみ‐やま【二上山】
にじょうさん(二上山)」に同じ。[歌枕
富山県の高岡市と氷見市との境にある山。紅葉の名所。標高274メートル。[歌枕]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

二上山
(大阪府南河内郡太子町)
大阪みどりの百選」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にじょう‐さん ニジャウ‥【二上山】
奈良県と大阪府との境にある二上火山群の主峰。鐘状火山。雄岳(五一七メートル)と雌岳(四七四メートル)の二峰から成り、奈良盆地・大阪平野からの山容が美しい。にじょうがたけ。ふたかみやま。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふたがみ‐やま【二上山】
(「ふたかみやま」とも)
[一] 富山県高岡市北部、氷見市との境にある山。中世、守山城があった。能登半島国定公園の一部。標高二七四メートル。守山。
※万葉(8C後)一六・三八八二「渋谿の二上山(ふたがみやま)に鷲そ子産とふ 翳(さしは)にも君がみために鷲そ子産とふ」
[二] 奈良県西部、大阪府との境にある二上(にじょう)山のこと。
※万葉(8C後)二・一六五「うつそみの人なる吾れや明日よりは二上山(ふたがみやま)を弟世(いろせ)と吾が見む」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

二上山
(通称)
ふたがみやま
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
けいせい二上山
初演
享保9.1(京・瀬川座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

二上山
にじょうさん
大阪府と奈良県との境の金剛山地北端に位置する山
「ふたがみやま」とも読む。雄岳・雌岳2峰に分かれる。雄岳の頂上には大津皇子の墓と伝えられる墓所がある。平安時代,この山の落日は,阿弥陀来迎の印象を与えたという。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二上山
ふたがみやま

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二上山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

二上山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation