@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

二元論【にげんろん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

二元論
にげんろん
dualism
異質で互に還元不可能な2つの原理を基礎とする宗教的世界観や哲学説などのこと。 Th.ハイドが『古代ペルシア宗教史』 Historia religionis veterum Persarum (1700) で悪2つの至高原理をもつ古代ペルシア宗教の特色を示すのに初めてこの語を用いた。ゾロアスター教は世界を光の神アフラ・マズダと暗黒の神アーリマンの闘争とみ,やがて両者は善と,創造者と破壊者と考えられるにいたった。マニ教に受継がれたこの思想は,クムラン写本 (→クムラン教団 ) にみられるようにユダヤ教に,さらに遠く 12~13世紀のアルビ派異端にまで影響を及ぼした。聖と俗,彼岸と此岸などの二元性はほとんどすべての宗教にみられる。哲学では C.ウォルフが精神と物体の2つの実体に一切を還元するデカルト哲学を二元論と呼んだのが最初。この型の心身二元論プラトン,新プラトン派,ロック,偶因論者,ライプニッツらのほか,東洋でもサーンキヤ学派,ジャイナ教などにみられる。認識論的にもこれに対応する理性と感覚,神学における啓示と人間性 (道徳的局面まで含めれば信仰と理性) の二元論などがある。ほかにエンペドクレスの愛と憎しみ,アナクサゴラスの受動的実体と能動的なヌース,プラトンのイデア界と感覚的世界,アリストテレス形相・質料論,カントの物自体と現象,中国のなどが著名な二元論である。またスピノザ一元論は思惟と延長を実体の2つの属性としており,この物心平行論は相対的二元論とみることができる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にげん‐ろん【二元論】
異なった二つの原理で、あらゆるものを説明しようとする考え方。
哲学で、世界を相対立する二つの原理によって説明しようとする立場。精神と物質との二実体を認めたデカルト物心二元論など。→一元論多元論
宗教で、世界を光と(やみ)、善と悪など、相対立する二つの原理の闘争として説明する立場

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にげんろん【二元論 dualism】
一般に,根本的な実在を相対立する二つのものとして説く立場をいい,多元論の一種として一元論に対立する。原語は,イギリスの東洋学者ハイドThomas Hydeが《古代ペルシア人の宗教の歴史》(1700)で,善の原理と悪の原理とが永久に対立する宗教体系をこの言葉で呼んだことに始まる。その後はもっぱら宗教に関する用語としてP.ベールの《歴史批評事典》(第2版,1702)の〈ゾロアスター〉の項目,さらにライプニッツの《弁神論》第2部(1710)に受け継がれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にげんろん【二元論】
物事を相対立する二つの原理または要素に基づいてとらえる立場。神話や宇宙論における光と闇、陰と陽、哲学における形相と質料、現象と本体、宗教や道徳における善と悪、など多くの思想領域に見いだされる。西洋近代では、精神と物体を二実体ととらえるデカルトの物心二元論ないしは心身二元論が近代哲学を特徴づける枠組みを与えている。 → 一元論多元論心身二元論

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

二元論
にげんろん
dualism
相互に還元不可能な独立した二つの実体もしくは原理を認め、そこからいっさいの事象を説明する立場。一元論および多元論に対立する。もっとも古い形態は光と闇(やみ)、天と地、善の神と悪の神などの対立を原理とする神話的、宗教的二元論にみいだされる。形而上(けいじじょう)学においては二世界説となって現れ、プラトンのイデア界と感性界、ライプニッツの可能界と現実界、カントの叡知(えいち)界と現象界などの区別がその代表例といえる。しかし、哲学史上もっとも影響力をもったのは、デカルトによる物心二元論、すなわち思惟(しい)を本性とする精神と延長を本性とする物質との実在的区別である。これによって、精神から独立した客観的自然の存在が承認され、いっさいの自然現象は延長と運動とから機械論的に説明されることになり、他方、精神(意識)は認識主体としての独自の位置を占めることとなった。すなわち、近代哲学の基本的枠組みともいうべき主観と客観との二元論が確立されたのである。しかし、物心二元論は、精神と身体との関係をいかに説明するかという難問(心身問題)に満足すべき解決を与えることができず、現在ではさまざまな形で二元論克服の方途が模索されている。[野家啓一]
『デカルト著、落合太郎訳『方法序説』(岩波文庫) ▽大森荘蔵著『物と心』(1976・東京大学出版会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にげん‐ろん【二元論】
〘名〙 (dualism の訳語)
① 一般に、全く性質の異なる二つの原理で、事物を説明する考え方。
② 哲学で、互いに対立する二つの原理、たとえば、精神と物質、悟性と感性、本体と現象などを立て、宇宙やその他すべてのことを、この二つの原理で説明しようとする立場。たとえばデカルト、カントなどの立場。⇔一元論。〔哲学字彙(1881)〕
③ 宗教で、天と地、闇と光、善と悪、創造者と被造物などの対立する原理で、事物を説明する立場。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二元論」の用語解説はコトバンクが提供しています。

二元論の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation