@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

二条家【にじょうけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

二条家
にじょうけ
(1) 藤原氏北家の一支族。五摂家の一つ。鎌倉時代,九条道家の子良実が京都二条に住んで,二条を称したことから始り,以後代々ほかの摂家と交代して摂政関白に任じられ,明治になって公爵。 (2) 和歌一家。鎌倉時代,藤原為世曾祖父にあたる藤原定家の二条邸を伝領して,和歌の流派「二条流」を称したのに始る。代々歌学をもって栄えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にじょうけ【二条家】
藤原氏北家の嫡流。五摂家の一つ。九条道家の次男良実を始祖とし,家号は良実の殿第に由来するが,二条の坊名にちなんで銅駝(どうだ)の称もある。承久の乱後,時の権臣西園寺公経の女婿九条道家は,みずから摂政・関白に就任したばかりでなく,教実,良実,実経の3子を次々に摂関の座につけ,九条家全盛を謳歌した。ところが1246年(寛元4)の名越氏翌年の三浦氏の乱に関連して,道家および摂政実経が失脚するや,道家はこれを前関白良実の幕府に対する誣告(ぶこく)によるものと推断し,良実を義絶した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

二条家
にじょうけ
(1)藤原氏。五摂家(ごせっけ)の一つ。鎌倉中期九条道家(くじょうみちいえ)の第2子良実(よしざね)を祖とする。二条京極(きょうごく)の邸に住んだところから二条と称す。良実は1242年(仁治3)関白(かんぱく)となり、以後子孫は他の摂家と並び立った。鎌倉末期道平(みちひら)は後醍醐天皇(ごだいごてんのう)の討幕計画に加わり、弟師基(もろもと)は南朝に仕えた。道平の子良基(よしもと)は北朝に仕え、学者としても有名。その孫が足利義満(あしかがよしみつ)の諱(いみな)一字をもらって満基(みつもと)と称して以来、室町時代、江戸時代を通じて代々足利・徳川将軍の諱を一字もらうことを例とした。江戸時代の知行高(ちぎょうだか)は1700石。明治維新後、公爵を授けられた。[飯倉晴武]
(2)藤原氏の一族、御子左(みこひだり)家の子孫(鎌倉後期~南北朝時代)の家名。定家(ていか)の子為家(ためいえ)の長男為氏(ためうじ)を祖とする。定家の二条京極邸の中の二条大路側の家を伝領したゆえの名で、「二条」と号したのは子の為世(ためよ)からである(為氏は「藤原」とのみ)が、同じく為家の子為教(ためのり)の京極家、為相(ためすけ)の冷泉(れいぜい)家にそろえて為氏からをさすのが普通。俊成(しゅんぜい)・定家以来の歌道師範家の嫡流として重きをなし、両統分立以後は京極・冷泉家(派)が持明院統(じみょういんとう)と結び付いたので、いきおい大覚寺統と結び付き、為氏が『続拾遺集』を撰(えら)んで以来、代々勅撰(ちょくせん)撰者となった。
 南北朝分裂後、北朝で一時勢力を失ったが、為定(ためさだ)(為世の孫)が将軍足利尊氏(たかうじ)の支持を得てふたたび師範家となり、3勅撰集をなした。しかし南北朝時代末期に人材を欠き、あるいは殺害されて断絶した。[福田秀一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にじょう‐け ニデウ‥【二条家】
[一] 藤原姓。五摂家の一つ。九条兼実の孫、道家の子良実が東二条院を伝領して二条京極に住み、二条を称としたところから始まる。
[二] 鎌倉時代から室町初期まで続いて歌道を伝えた家系。御子左(みこひだり)家の嫡流で、藤原為家の子為氏を祖とするが、為氏の子為世から二条家と号した。典雅で保守的な歌風によって京極家や冷泉家と対抗したが、おおよそ、常に歌壇の主流を占め、大覚寺統の後宇多・後醍醐天皇の庇護によって「新後撰和歌集」「続千載和歌集」「続後拾遺和歌集」を、その後足利氏と結び付いて「新千載和歌集」「新拾遺和歌集」「新後拾遺和歌集」を撰進した。為重で血統は絶えたが、その歌道は為世の弟子頓阿の門流を通して伝えられ、東常縁・宗祇・三条西実隆・細川幽斎と受け継がれ、江戸時代に至るまで歌壇の中心にあった。
※不審条々(1403)「二条家(御子左)の御教は、言もかかりも、三代集を出でざれとならし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

二条家
にじょうけ
①中世〜近世,五摂家の一つ
②鎌倉時代以来の歌学の家
鎌倉中期,九条道家の子良実 (よしざね) が,二条京極に住み二条と称して九条家から分立。良実は関白となり,以後交互に摂関に任ぜられた。この流では二条良基が有名。
藤原定家の孫為氏をとし,冷泉京極家対立。伝統を重んじ,歌風は温雅平淡で,歌壇の中心をなした。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二条家」の用語解説はコトバンクが提供しています。

二条家の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation