@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

二枚貝【ニマイガイ】

デジタル大辞泉

にまい‐がい〔‐がひ〕【二枚貝】
二枚綱に分類される軟体動物の総称。体の左右に一対の貝殻があり、触角・目はなく、えらは弁状で二対あり、足はのような形をしている。アカガイホタテガイハマグリシジミなど。斧足(おのあし・ふそく)類。双殻類。弁鰓(べんさい)類。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

二枚貝
 上下二枚のをもつ貝で,軟体動物門直体亜門ニマイガイ綱に属する.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にまい‐がい ‥がひ【二枚貝】
〘名〙 体が左右二枚の貝がらでおおわれている軟体動物の総称。アサリ・ハマグリ・ホタテガイなど。頭がなく、眼も触角もない。足はくさび形。動物分類上では、足の形から斧足(おのあし)類、えらの特徴から弁鰓(べんさい)類などと呼ばれる。淡水、汽水、海水にすみ、世界に二万種以上が棲息。食用になる種類が多く、アコヤガイなど真珠のとれるものもある。二枚貝類。
※旅‐昭和一八年(1943)終刊号・貝から見た南方圏〈高槻俊一〉「マドガヒといふ二枚貝(にマイガヒ)が〈略〉豊富に棲息し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二枚貝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

二枚貝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation