@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

二毛作【にもうさく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

二毛作
にもうさく
同一ので,同一年度内の異なった時期に 2種類の作物を栽培する方法。田の二毛作は稲作表作)のあとに作,緑肥作などの裏作を行なう。同一の田に 1年のうちに 2回の稲作を行なう場合は二期作といい,沖縄県鹿児島県などで行なわれている。3回の稲作を行なう三期作も,東南アジアなどで行なわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にもう‐さく【二毛作】
同じ耕地で、1年に二度、別種の農作物を栽培すること。一度目を表作、二度目を裏作という。→二期作

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にもうさく【二毛作 two‐crop system】
同じ水田あるいは畑に,1年のうちに2種類の作物を異なった時期に栽培する作付様式。季節の推移に対応して,夏作と冬作とを組み合わせた二毛作が最も一般的である。アジア・モンスーン地帯最北域の島国としての特殊な気象条件を生かして,日本においては,水田に夏は湛水(たんすい)して湿潤熱帯性の水稲を栽培し,冬は水を落として畑地化して冷温帯性畑作物のムギを栽培する,水田の米麦二毛作技術が確立した。水稲の裏作にはレンゲソウ,ナタネ,ジャガイモ,ソラマメエンドウタマネギなども栽培された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にもうさく【二毛作】
一年間に米と麦、あるいは米と大豆というように、二種類の異なった作物を同一の耕地に栽培し収穫すること。日本では鎌倉時代以後普及したが、戦後の高度成長の過程で激減。 → 二期作一毛作

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

二毛作
にもうさく
同じ耕地に、1年に2回、異なった種類の作物を作付けする土地利用をいう。農業を集約化していく方法として、集約的な栽培管理により収量増大を図るほかに、作付回数を増加し延べ作付面積を増やすことによって、限られた土地で収穫量を拡大していくことが行われてきた。「○年○作」という用語法は、土地利用率と輪作形式の両者を表現したもので、たとえば、毎年の稲―麦作付は一年二作の二毛作、早稲(わせ)―麦―晩稲(おくて)―冬休閑は二年三作で二毛作と一毛作の交互実施、稲―大麦―稲―レンゲは二年四作の毎年二毛作であって、地域の諸条件に対応して行われてきたものである。わが国の水田農業における代表的なものとしては、米麦二毛作があり、裏作には麦のほか地域によりナタネやレンゲも作付けられた。
 二毛作を制約する自然的・技術的要因の大きいものとして、気象と土壌(水)条件がある。寒冷・積雪などは冬作の生育を制約する。米麦二毛作の気象条件による経済的北限は、関東北部から北陸にかけての地域といわれてきた。また米麦二毛作では、湛水(たんすい)作物である夏作の稲と、畑作物である冬作の麦とが組み合わされている。この交互栽培には、人工的な灌漑(かんがい)・排水が進み、水の制御が可能な乾田化への土地改良が要件となっている。さらに作物の作季や作付期間を変える品種改良、容易に地力補給を可能にする肥料の使用、前作の収穫と後作の作付けを省力化する畜力化・機械化などが二毛作を発展させる技術的条件である。
 二毛作は鎌倉時代にはすでにかなり普及していたとみられている。第二次世界大戦後では、水田裏作としての麦の作付けをみると、1957年(昭和32)には70万4000ヘクタールであったが、技術の発達にもかかわらず社会経済的要因により減少し、89年(平成1)には13万1000ヘクタール、2000年には6万6000ヘクタールとなった。圧倒的な兼業農家による水稲単作化のもとで、日本の耕地土地利用率は94.5%(2000)である。そうしたなかで、限られた耕地では施設化も行われ、三毛作以上の多毛作も行われている。[波多野忠雄]
『八木宏典著『水田農業の発展論理』(1983・日本経済評論社) ▽吉田武彦著『水田軽視は農業を亡ぼす』(1987・農山漁村文化協会) ▽中島征夫著『地域複合農業の展開論理――地域営農をみつめて』(2000・農林統計協会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にもう‐さく【二毛作】
〘名〙 同じ耕地に一年に作物を二度栽培すること。水稲を刈り取った後に麦を作るなど。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

二毛作
にもうさく
同一耕地で同一年内に2回主要作物を収穫する生産方法(表作=米,裏作=麦・大豆など)
山陽・近畿などの先進地域では平安中期に始まり,鎌倉時代に普及し室町時代には関東にも及んだ。しかし,寒冷地域では進まず,東北・北海道などでは現在も一毛作である。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二毛作」の用語解説はコトバンクが提供しています。

二毛作の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation