@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

二神島【ふたがみじま】

世界大百科事典 第2版

ふたがみじま【二神島】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デジタル大辞泉プラス

二神島
長崎平戸市、的山大島壱岐島のほぼ中間に位置する無人島。大二神島と小二神島の2島からなる。大正時代に設置された二神島灯台がある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二神島
愛媛県松山市、松山港西方約16キロメートルに位置する忽那(くつな)諸島の島。「ふたがみじま」と読む。中世の忽那水軍の一族であった二神氏が帰農して定着、代々庄屋をつとめた。一族のは考古学的にも貴重な資料。ビャクシン自生地は県の天然記念物に指定。女人禁制の妙見神社、丸石の「アラレ浜」などがある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

二神島
ふたがみじま

愛媛県北西部、忽那(くつな)諸島南西部にある島。松山市に属す。面積2.15平方キロメートル。松が多く松島ともいう。北東に諸島の中心中島、南方約8キロメートルに属島由利(ゆり)島がある。領家花崗(りょうけかこう)岩と白砂の真砂(まさ)土に松林の緑が映え、白砂青松の典型的な瀬戸内海の島であったが、最近松枯れの被害が大きい。中世には忽那水軍の一族である二神氏の本拠地であったが、帰農定着をした。近世は松山藩領で流刑の地であった。半農半漁の村で、柑橘(かんきつ)類の栽培が多く、周囲は好漁場となっている。ビャクシン自生地は県指定天然記念物。北岸の二神港から中島の神浦(こうのうら)港などへフェリーが運航する。人口197(2009)。

[深石一夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二神島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

二神島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation