@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

二程全書【ニテイゼンショ】

デジタル大辞泉

にていぜんしょ【二程全書】
中国の思想書。68巻。の徐必達校訂。1606年刊。北宋程顥(ていこう)程頤(ていい)兄弟の文集語録著述などを集大成したもの。宋学先駆となる著作集。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にていぜんしょ【二程全書 Èr Chéng quán shū】
中国,北宋時代の思想家程顥ていこう)(明道)・程頤(ていい)(伊川)兄弟,すなわち二程子の全集朱熹(しゆき)(子)が編纂した《程氏遺書》(二程の語録集),《外書》(語録補遺)に,《明道文集》《伊川文集》《伊川易伝》《経説》《粋言》を合刻して刊行したもの。明代以来,数種の刊本が出されたが,清の呂留良(晩村)のものが最良といわれる。和刻本は明の徐必達刊本を翻刻したものだが,日本ではほかに,二程子の言葉を部門別に再編成した,明の唐伯元《二程類語》がよく読まれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

にていぜんしょ【二程全書】
中国、北宋の程顥(明道)・程頤(伊川)兄弟の文集・語録・著述を合刻した書。六八巻。朱子によって大成される宋学の先駆となったもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二程全書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

二程全書の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation