@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

二糖

栄養・生化学辞典

二糖
 二糖類ともいう.二つの単糖が脱水縮合した化合物で,加水分解により単糖を生じる.代表的なものに,マルトースラクトースショ糖などがある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

二糖
にとう
disaccharide

2分子の単糖がグリコシド結合した糖質の総称。オリゴ糖(少糖)の一種。ビオースbioseともいう(bi-は2個の意味を表す接頭語である)。グリコシド結合とは、単糖のアノマー性ヒドロキシ基-OH(単糖が環状構造を形成するときにできたヒドロキシ基)の水素が他の化合物と置換してできる結合のことである。アノマー性ヒドロキシ基は潜在的に還元作用をもっているので、二糖を形成するときにアノマー性ヒドロキシ基どうしが結合してできた二糖は非還元性である。しかし一方の糖のアノマー性ヒドロキシ基と他方のアノマー性以外のヒドロキシ基が結合してできた二糖は還元性を示す。植物界に多くの種類の二糖が遊離の状態あるいは配糖体(非糖物質に糖がグリコシド結合したもの)として広く分布している。還元性二糖(マルトース、ラクトースなど)はフェーリング液(還元糖の検出と定量に使用する試薬)を還元し、ヒドラジン誘導体と反応してヒドラゾンやオサゾンを生じ、水溶液は変旋光を示す。非還元性二糖(サッカロース、トレハロースなど)は変旋光(旋光性が変化する現象)を示さない。同一単糖からなる二糖をホモ二糖(キシロビオース、トレハロース、マルトースなど)、異種単糖からなる二糖をヘテロ二糖(ラクトース、サッカロースなど)という。また、ウロン酸やアミノ糖を含む二糖もある。

[徳久幸子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二糖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

二糖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation