@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

二藍【ふたあい】

色名がわかる辞典

ふたあい【二藍】
色名の一つ。二種類のあいを用いて染めたみがかった薄いのこと。一つは一般的な藍染のアイでタデ科の一年草。もう一つはキク科ベニバナ。ベニバナを用いたべには「くれない」とも読むが、これは中国の呉の国から伝えられた「呉藍くれあい」を意味している。このことから、アイとベニバナによる染色の色を二藍という。平安時代から使われてきた伝統色名。語感がよいせいか、店の名前などによく用いられる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふた‐あい〔‐あゐ〕【二藍】
紅(くれない)とを重ねて染めた青みのある紫色二つ色
襲(かさね)の色目の名。表裏とも二藍、または表は赤みがかった濃い縹(はなだ)色で、裏は縹色二藍襲(ふたあいがさね)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ふたあい【二藍】
染め色の名。紅花で染めた上から重ねて藍で染めた色。青みがかった赤紫。二つ色。ふたい。
かさねの色目の名。表は赤みの紺、裏は縹はなだに糊のりを引く。四〇歳まで着用。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふた‐あい ‥あゐ【二藍】
〘名〙
① 染色の名。紅花で染めた上に藍を重ねて染めた色。紅花と藍の比率は若年ほど藍を淡く、壮年ほど紅を淡くするので、その色はさまざまである。二重(ふたえ)。ふたついろ。ふたい。
※落窪(10C後)二「ふたあゐの織物の袿」
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「うなゐは、あをいろ・ふたあひ、かさねてきたり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二藍」の用語解説はコトバンクが提供しています。

二藍の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation