@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

二酸化ケイ素(二酸化珪素)【にさんかけいそ】

世界大百科事典 第2版

にさんかけいそ【二酸化ケイ素(二酸化珪素) silicon dioxide】
化学式SiO2シリカ,無水ケイ酸などとも呼ばれる。いろいろな結晶状態として天然に産する。また合成により結晶および無定形,ガラス状などの二酸化ケイ素が得られる。結晶状態には石英リンケイ石クリストバライトの三つの変態がある。石英(水晶,メノウ,玉髄フリントなどを含む)は無色または不純物により,褐色その他に着色している。石英には,573℃以下で安定な低温型のα石英と,573℃以上で安定な高温型のβ石英の二つの変態がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

二酸化ケイ素(二酸化珪素)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

二酸化ケイ素(二酸化珪素)の関連情報

関連キーワード

二酸化ケイ素脱珪酸作用ケイ酸塩飽和シリコン窒化膜アルカリ石灰指数ニグリ値ラーセンの変化図蛇紋岩化作用酸性

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation