@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

二重真理説【にじゅうしんりせつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

二重真理説
にじゅうしんりせつ
theory of twofold truth
神学と哲学啓示理性信仰と認識のそれぞれの真理が互いに矛盾することがありうるとする二元論。 13世紀のラテン・アベロイズムがその典型とされる。しかしその代表者シジェ・ド・ブラバンは,哲学とはアリストテレス研究であって,それが仰と矛盾していてもかまわないと主張したにすぎない。この一派は 1270,77年にパリ司教 E.タンピエによって異端とされた。 14世紀には哲学の厳密性を求めたドゥンス・スコツスが,神の存在や霊魂不滅などの命題を,論証しえないが信仰のうえでは真なるものとして二重真理の傾向を示した。その立場を明確に打出したのはオッカムで,彼とともに中世的な哲学が終る。なお,教会内部ではあくまでも異端とされるこの立場の最近の例は,A.ロアジらの近代化運動にみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

にじゅうしんりせつ【二重真理説】
後期スコラ哲学にみられる、信仰と知識との関係についての考え方の一。啓示によって与えられる信による世界把握と、理性の推論によって得られる知による世界把握とは、それぞれ別のことであるから両者ともに容認される、と考えるもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にじゅうしんり‐せつ ニヂュウ‥【二重真理説】
〘名〙 理性的・自然的と、啓示的・宗教的との二種類の真理が並び存するという説。一三世紀頃に唱えられた哲学説の一つで、ラテン‐アベロエス派では、自然的理性によると時間も宇宙も永遠であり、能動理性はあらゆる人間に共通で一つであり、不死であると説いたが、他方、啓示神学に従い、真理は啓示によるのみであって、時間も宇宙も有限であり、また唯一の能動理性も認められないという見解をも認めた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二重真理説」の用語解説はコトバンクが提供しています。

二重真理説の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation