@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

五代友厚【ごだいともあつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

五代友厚
ごだいともあつ
[生]天保6(1835).12.26. 鹿児島
[没]1885.9.25. 東京
明治初期の実業家政商薩摩藩の出身。安政4 (1857) 年命で長崎に留学し,航海砲術測量を学ぶ。慶応1 (65) 年藩命によってヨーロッパを視察,帰国後は藩の開明派の指導者となり藩の貿易発展に活躍。明治維新後外国官権判事,大阪府判事を経て,明治2 (69) 年退官し,実業界に転身した。以来主として大阪の商工業の発展に尽力し,金銀分析所の開設,鉱山・製藍事業などの経営のほか,大阪堂島米会所復活,大阪株式取引所,大阪商法会議所,東京馬車鉄道会社,神戸桟橋会社などの創立に活躍した。他方では大久保利通木戸孝允井上馨伊藤博文,板垣退助らを集めた「大阪会議」の斡旋に成功するなど,明治初期の政界の黒幕的存在でもあった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

五代友厚
薩摩藩出身の開国論者で、長崎の海軍伝習所で航海や砲術などを学んだ。明治維新後に官僚から実業家に転じ、大阪株式取引所(現・大阪取引所)の設立などに力を注いだ。2日が最終回だったNHK連続テレビ小説「あさが来た」でヒロインを支える人物として登場。俳優ディーン・フジオカさんが演じて注目された。
(2016-04-06 朝日新聞 朝刊 愛媛全県・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ごだい‐ともあつ【五代友厚】
[1836~1885]実業家。薩摩(さつま)の人。明治維新後、外交官から実業界に転じ、政商として活躍。大阪株式取引所・大阪商工会議所創設製鋼・貿易・銀行・鉄道会社の設立に尽力。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

五代友厚 ごだい-ともあつ
1836*-1885 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)6年12月26日生まれ。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。元治(げんじ)2年藩命で渡欧,武器や機械類を輸入。維新後官界から実業界に転じ,大阪を本拠に鉱山,製藍,鉄道などの事業をおこす。明治11年大阪商法会議所を設立し,会頭。14年開拓使官有物払い下げ事件をおこした。明治18年9月25日死去。51歳。幼名は徳助,才助。号は松陰。
【格言など】男児,財産をつくるためにこの世に生をうけたのではない(信条)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ごだいともあつ【五代友厚】
1835‐85(天保6‐明治18)
明治期の政商。薩摩藩出身。幼名は徳助または才助,のちに友厚と改名。青年期に長崎の幕営海軍伝習所に留学,1859年(安政6)上海に密航して世界情勢を知り,富国強兵論を説く。65年(慶応1)藩命によりヨーロッパを視察。維新の動乱には,通商や武器の売込みなどで活躍し,新政府成立後,任官。外交官の役職を歴任後,大阪府判事まで昇進。69年(明治2)に同職を辞任後,関西財界で活躍,鉱山経営,製藍事業,大阪株式取引所,大阪商法会議所の設立や運営など,大阪の発展に貢献した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごだいともあつ【五代友厚】
1835~1885 実業家。薩摩藩出身。1865年欧州を視察。維新後、新政府参与。のち政商として大阪株式取引所・大阪商法会議所などを設立。関西実業界の基礎を築いた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

五代友厚
ごだいともあつ
(1835―1885)
実業家、政商。薩摩(さつま)藩士で儒者兼町奉行(まちぶぎょう)の五代直左衛門秀堯(ひでたか)の次男として生まれる。幼名を徳助、才助といい、松蔭と号す。長崎で航海、砲術、測量などの技術を習得、薩英戦争(1863)に参加し捕虜となるが脱出した。1865年(慶応1)藩命により留学生を引率しヨーロッパを視察、武器、船舶、紡績機械などの輸入を行い、薩摩藩の産業振興に大きく寄与した。維新後、官界に入るが、1869年(明治2)会計官権判事を最後に退官した。その後実業界に転じ、大阪を本拠として活躍。金銀分析所の設立によって巨富を得、1873年弘成館(買収鉱山の統括機関)、1876年朝陽館(製藍工場)を設立するなど、大阪の産業の近代化に貢献。また大阪商法会議所、大阪株式取引所、大阪堂島米商会所、商業講習所(大阪市立大学の前身)の設立、指導に尽力し、大阪財界の組織化にも貢献した。1881年開拓使官有物払下げ事件の中心人物として非難されたが、大阪の経済的発展、近代産業の開拓・移植などに果たした指導的役割は高く評価されている。なお、大久保利通(おおくぼとしみち)とは富国強兵・殖産興業などの点で意気投合し、征韓論争後大久保暗殺までの時期、関係は緊密であり、外交・財政問題について大久保の「智恵袋」として活躍した。[石川健次郎]
『宮本又次著『五代友厚伝』(1981・有斐閣)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごだい‐ともあつ【五代友厚】
実業家。通称徳助、または才助。薩摩藩出身。ヨーロッパ視察後、藩の貿易拡張に努力。維新後、参与を経て実業界に転じ、鉱山、製藍、鉄道、紡績事業をおこし、大阪株式取引所、大阪商法会議所を創設するなど、大阪の政商として活躍する。天保六~明治一八年(一八三五‐八五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

五代友厚
ごだいともあつ
1835〜85
明治前期の実業家
薩摩藩出身。幕末イギリスに留学。1868年外国事務局判事・大阪府権判事などを歴任したが,翌年官を辞し実業界に転身,政商として各種事業にあたった。'81年には関西貿易社を設立し,開拓使官有物払下げ事件をひきおこしたが,大阪堂島米商会所・株式取引所・商法会議所などの創設をはじめ,大阪の経済的発展に大いに貢献した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五代友厚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

五代友厚の関連情報

関連キーワード

ゴーゴリバルザックポー(Edgar Allan Poe)フランツゴーゴリ都市自治体法シャノアーヌズーフトムソンビーダー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation