@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

五十鈴川【いすずがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

五十鈴川
いすずがわ
三重県東部,伊勢市を流れる。伊勢市と南伊勢町にある剣峠付近にを発してほぼ北流,伊勢神宮内宮の神域を通って朝熊川を合流し,下流で二つに分流して伊勢湾に注ぐ。全長約 20km。内宮の第一鳥居を入った右手御手洗場 (みたらし) があり,御裳濯川 (みもすそがわ) と雅称される。上流渓谷をなし,周辺は自然のままの神宮林。伊勢市の上水道の水源として利用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いすず‐がわ〔‐がは〕【五十鈴川】
三重県伊勢市を流れる川。神路(かみじ)山に源を発し、伊勢神宮内宮を経て伊勢湾に注ぐ。御裳濯(みもすそ)川。宇治川。[歌枕
「神風や―なみ数知らずすむべき御代に又帰り来む」〈新古今・神祇〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いすずがわ【五十鈴川】
三重県中東部,伊勢市のほぼ中央を南から北へ貫流する川。志摩半島のほぼ中央やや南よりの剣峠(343m)に源を発し,神路(かみじ)山東麓を経て伊勢神宮(内宮)域を通り,河口近くで分流しその一つは汐合(しあい)川といわれる感潮河川となって伊勢湾に流入する。御裳濯(みもすそ)川,宇治川などとも称される。全長24km,流域面積85km2。上流では大滝・小滝の飛瀑や,鮑石,牛石,鏡石,竈淵(かまふち)などの奇岩があって美しい峡谷をなしている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

五十鈴川
いすずがわ

三重県中東部、伊勢市(いせし)を流れる川。志摩半島の中央、伊勢市南部の山地に源を発し、北流して伊勢市の南東、皇大神宮(こうたいじんぐう)(伊勢神宮内宮(ないくう))の神域を貫流し、河口付近で二つに分かれ伊勢湾に注ぐ。延長12キロメートルの小さな川であるが、皇大神宮への入口で宇治橋が架かり、そのすぐ上流が御手洗(みたらい)であるところから広く知られる。清澄な急流に深い緑を映し、コイが泳ぐこのあたりは内宮でももっとも神々しく、倭姫命(やまとひめのみこと)がこの川で御裳(みも)を洗い清めた故事から御裳濯(みもすそ)川ともいう。上流は神路(かみじ)山を含む5420ヘクタールの神宮御料林の原生林で、五十鈴川の清流の涵養(かんよう)林であるとともに、日本固有の暖地性混交林として植物生態学上貴重である。市民の上水道としても重要で、1日2万5000トンが取水されている。

[伊藤達雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いすず‐がわ ‥がは【五十鈴川】
三重県伊勢市神路山を源とし、伊勢神宮の内宮神域内を通って、二手に分かれ二見町の今一色と江で伊勢湾に注ぐ川。内宮の宇治橋から見る清流および手水場(ちょうずば)が有名。全長一六キロメートル。宇治川。御裳濯川(みもすそがわ)。歌枕。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五十鈴川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

五十鈴川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation