@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

五右衛門風呂【ゴエモンブロ】

デジタル大辞泉

ごえもん‐ぶろ〔ゴヱモン‐〕【五衛門風呂】
石川五右衛門が、ゆでのに処せられたという俗説から》かまどの上に釜を据え、下から火をたいて直接に沸かす風呂。全体を鋳鉄でつくったものと、湯桶(ゆおけ)の下に鉄釜を取りつけたものとがあり、入浴のときは、浮いている底板を踏み沈めて入る。かまぶろ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごえもんぶろ【五右衛門風呂】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごえもんぶろ【五右衛門風呂】
釜ゆでの刑に処せられたという石川五右衛門の名にちなむ
かまどを築き、鉄の釜をのせ、木の桶をすえた風呂。桶の底は浮かせて蓋とし、人が入るときには踏み沈めて底とする。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

五右衛門風呂
ごえもんぶろ
(すえ)風呂の一種。竈(かまど)を築いて釜(かま)をのせ、その上に桶(おけ)を取り付けて下からたいて沸かす。底板を利用して浮蓋(うきぶた)とし、その板を踏み沈めて入浴する。『東海道中膝栗毛(ひざくりげ)』(初編)に、この風呂が関西に流行(はや)ったこと、燃料が少なくてすみ経済的であることが記されている。厳密には桶の底である釜だけが鉄製の五右衛門風呂と、全体が鉄製の長州風呂とは違うが、よくこれを混同される。豊臣(とよとみ)秀吉が石川五右衛門を釜茹(かまゆで)にしたという俗説からこの名が生じた。[片岸博子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごえもん‐ぶろ ゴヱモン‥【五右衛門風呂】
〘名〙 (釜ゆでの刑に処されたといわれる石川五右衛門の名から) 据風呂の一種。桶の底に一面の平釜をとりつけ、かまどに据えつけて、沸かすもの。底板を浮かせて浮蓋とし、入浴時はこれを踏み沈めて入る。また、かまどの上に鉄製の湯ぶねをとりつけたものもある。長州風呂。徳風呂。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)初「すい風呂桶は、上方にはやる五右エ門風呂といふ風呂なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五右衛門風呂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

五右衛門風呂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation