@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

五弦琵琶【ゴゲンビワ】

デジタル大辞泉

ごげん‐びわ〔‐ビハ〕【五弦××琶】
奈良時代から平安初期に中国から伝来した5弦5柱の琵琶。雅楽に用いられたが、平安中期に廃絶。
広く5琵琶。現在、筑前琵琶(にしき)琵琶などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごげんびわ【五弦琵琶】
単に〈五弦〉ともいう。古代インドを発し,仏教文化の一部として東アジア諸国に伝えられたと考えられる5弦直頸の琵琶は亀茲(きじ)琵琶,胡(こ)琵琶とも呼ばれ,4弦曲頸の琵琶と本来は系統が異なるが,伝播伝承の過程において相互に影響を及ぼした。低音の第1~2弦を持続伴奏(ドローン)とし,他の弦で旋律的な動きを奏しながら声楽曲の伴奏をする,というのが本来の用途であったと推定される。朝鮮半島では郷琵琶(ヒヤンピパ)と呼ばれ,雅楽合奏の一部に利用されていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ごげん‐びわ ‥ビハ【五弦琵琶】
〘名〙
① 古代の五弦の琵琶。五弦五柱、糸倉がまっすぐで、普通の雅楽の琵琶に比して細長い。インドに起こり、中国を経て、奈良時代に日本へ伝来。平安中期にはすたれ、正倉院に一面残存。〔正倉院文書‐天平勝宝八年(756)六月二一日・東大寺献物帳〕
② 近代の五弦の琵琶。薩摩琵琶系統の錦(にしき)琵琶や、鶴田派の琵琶と、筑前琵琶の五弦。すべて四弦に一弦を加えたもので、五弦五柱。ただし、鶴田派のものは第四、第五両弦は同音で、複弦として弾奏する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五弦琵琶」の用語解説はコトバンクが提供しています。

五弦琵琶の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation