@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

五月雨【サミダレ】

デジタル大辞泉

さ‐みだれ【五雨】
《「さ」は五月(さつき)などの「さ」、「みだれ」は水垂(みだれ)か》
陰暦5月ごろに降りつづく長雨。梅雨。つゆ。さつきあめ。 夏》「―を集めて早し最上川/芭蕉
断続的にいつまでもだらだらと続くことのたとえ。「五月雨式」「五月雨戦術」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さつき‐あめ【五月雨】
さみだれ」に同じ。 夏》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

五月雨
旧暦五月頃に降る長雨。いまの梅雨の長雨。「さ」はさつき(五月)、「みだれ」は雨が降る“みだれ(水垂)”というがある。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

さみだれ【五月雨】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さつきあめ【五月雨】
陰暦五月頃に降る長雨。梅雨。つゆ。さみだれ。 [季] 夏。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さみだれ【五月雨】
はさつき、みだれは水垂みだれの意という
陰暦五月頃に降り続く雨。つゆ。梅雨ばいう。長雨ながめ。うのはなくたし。 [季] 夏。 -をあつめて早し最上川 /芭蕉
継続しないで、少しずつ繰り返すことのたとえ。 -スト

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

五月雨
さみだれ
陰暦5月に降る長雨。梅雨と同じであるが、梅雨は主として五月雨の降る節をさし、五月雨は雨そのものをさすことが多い。雨の降り方としては、前期はしとしと型、後期は集中豪雨型のまとまった降り方をする。「五月雨」の語は上代の用例にはみられず、平安時代に入ってからの語だが、『万葉集』巻19の大伴家持(おおとものやかもち)の「卯(う)の花をくたす長雨(ながめ)の始水(はなみづ)に寄る木屑(こつみ)なす寄らむ子もがも」は、五月雨の異称「卯の花くたし」の早い例であり、「いとどしく賤(しづ)の庵(いほり)のいぶせきに卯の花くたし五月雨ぞ降る」(『千載(せんざい)集』夏・藤原基俊(もととし))などと詠まれた。「五月雨にもの思ひをれば時鳥(ほととぎす)夜深(よぶか)く鳴きていづち行くらむ」(『古今集』夏・紀友則(きのとものり))、「さみだれはもの思ふことぞまさりけるながめの中にながめくれつつ」(『和泉(いずみ)式部集』)のように、「長雨(ながめ)」はもの思い(「眺(なが)め」)をかきたて、歌の贈答の折でもあり、「徒然(つれづれ)」の慰めとして「雨夜の品定め」(『源氏物語』帚木(ははきぎ))なども催された。夏の季語。「五月雨を集めて早し最上川(もがみがわ)」(芭蕉(ばしょう))。[根本順吉・小町谷照彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さつき‐あめ【五月雨】
〘名〙 =さみだれ(五月雨)①《季・夏》
※金槐集(1213)夏「五月あめ降れるにあやめぐさを見てよめる」
※俳諧・猿蓑(1691)二「日の道や葵傾くさ月あめ〈芭蕉〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さみだ・る【五月雨】
〘自ラ下二〙 さみだれが降る。和歌では、多く「さ乱る」の意をかけて用いる。《季・夏》
※宇津保(970‐999頃)内侍督「さみだれたるころほひのつとめて」
※和泉式部日記(11C前)「おほかたにさみだるるとや思ふらむ君恋ひわたる今日のながめを」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さみだれ【五月雨】
〘名〙
① 陰暦五月頃に降りつづく長雨。また、その時期。つゆ。梅雨(ばいう)。さつきあめ。《季・夏》
※古今(905‐914)夏・一五四「五月雨に物思ひをれば郭公夜ふかくなきていづちゆくらむ〈紀友則〉」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)最上川「五月雨をあつめて早し最上川」
② (「さみだれ」が少しずつ繰り返し降ることから) 継続しないで、繰り返す行動などについていう。「さみだれ式」
[語誌](1)「さ」は「さつき(五月)」の「さ」と同根。「万葉集」など上代の文献には確認できない。上代では季節にかかわりなく「三日以上(の)雨」〔十巻本和名抄・一〕をいう「なが(あ)め」に包含されていたと思われる。
(2)歌題としては「長元八年関白左大臣頼通歌合」が早く、その後「堀河百首」、そして「金葉集」以後の勅撰集で多く立てられ、夏季の代表的素材となった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五月雨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

五月雨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation