@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

五段階教授法【ゴダンカイキョウジュホウ】

デジタル大辞泉

ごだんかい‐きょうじゅほう〔‐ケウジユハフ〕【五段階教授法】
教授・学習指導の展開法の一。予備・提示・比較・総括・応用の五段階。ヘルバルトが唱えた四段階を、同学派のチラー・ラインが教育現場の実状に合わせて改めたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

五段階教授法
ごだんかいきょうじゅほう

19世紀後半のドイツで、ヘルバルト派に属する人々によって主張された教授過程論。ヘルバルトは、教授の一般的段階として「明瞭(めいりょう)」「連合」「系統」「方法」の4段階を示したが、ヘルバルト派のツィラーTuiskon Ziller(1817―82)は明瞭を二つに分け、「分析」「総合」「連合」「系統」「方法」の5段階とした。それを同派のラインWilhelm Rein(1847―1929)は、次の5段階に分けた。「予備」新しい観念の統覚に必要な既有の観念の整理、「提示」新教材の提示、「比較」新旧観念の比較、「総括」新旧観念を一つの体系に組織化、「応用」体系化された知識の応用。こうした5段階を踏む教授法は、心理学に基づいて案出されたもので、実際の教授に一つの規範を与えた。しかし、教科や教材の性質を無視して一律に適用されるものとしたので、形式主義の弊害を生むことになった。日本には1890年代(明治中期)に導入され、とくにラインの5段階が現場に広く普及し、教師中心の教授観を築いた。

[森分孝治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五段階教授法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

五段階教授法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation