@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

五箇【ごか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

五箇
ごか
島根県隠岐諸島島後北西部の隠岐の島町の旧村域。1904年村制施行。2004年に西郷町,布施村,都万村と合体し隠岐の島町となる。米作,畜産が主産業。北西部には代海域公園地区,中央部に水若酢神社(みずわかすじんじゃ。本殿は国指定重要文化財)がある。断崖洞窟の続く海岸部一帯は大山隠岐国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五箇
ごか
福井県中央部,越前市北東部の地域名。不老 (おいず) ,岩本,新在家,大滝,定友の5地区の総称。古くから越前紙産地で,近世には福井藩の保護,統制のもとに発展。明治期初めには金札造した。「紙の里」と呼ばれ,襖紙,美術用紙の生産が多く,五箇紙として知られる。紙祖神の川上御前をまつる岡太神社がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

五箇
ごか
島根県北部、隠岐郡(おきぐん)にあった旧村名(五箇村(むら))。現在は隠岐の島町の西北部を占める地区。江戸時代に那隅路(なぐち)村など5村を上五箇、北方(きたがた)村など5村を下五箇と称し、1904年(明治37)五箇村となった。2004年(平成16)西郷町(さいごうちょう)、布施(ふせ)、都万(つま)の2村と合併、隠岐の島町となる。旧五箇村は隠岐諸島島後(どうご)北西部に位置し、国道485号が通じる。山がちであるが河川流域に平地が開け、産業は農業、漁業が主体。海岸一帯は大山隠岐(だいせんおき)国立公園域である。隠岐一宮(いちのみや)の水若酢(みずわかす)神社があり、明治初年の隠岐騒動の総指揮は大宮司忌部正弘(いんべまさひろ)がとった。水若酢神社本殿は国の重要文化財に指定されている。隠岐郷土館はもと隠岐支庁の建物で明治初期の洋風建築。国の重要有形民俗文化財「隠岐島後の生産用具」を収蔵する。北部の代(しろ)地区沖合いにある奇岩ローソク島は観光の名所で福浦港から観光船が出ている。10月には隠岐の民俗行事である牛突き大会が行われる。日韓の係争地竹島は1905年以来旧五箇村の所属。[石橋忠男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五箇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

五箇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation