@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

五経【ごきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

五経
ごきょう
Wujing
儒教において尊重される五つの経書。『易経』『書経』『詩経』『礼記』『春秋』をいう。「ごけい」とも読む。前136年に前(→)の武帝儒学官学と定め,五つの書の教授にあたる官職として五経博士を置き,前124年には五経を中心とした教育が太学で開始された。代には注釈書『五経正義』が纂され,科挙の受験者などに五経の解釈の基準が示された。また,朱子四書を儒枢要の書としたため,代以降は五経以上に四書が重視されるようになった。五経に,現存しない『楽経』を加え,六経六芸とも称する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ご‐きょう〔‐キヤウ〕【五経】
儒教経典として最も尊重される五つの経書。「易経」「詩経」「書経」「礼記(らいき)」「春秋」。→四書

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ご‐けい【五経】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

五経
→「いつか必ずに立つ!編 これだけは押さえておきたい!中国古典」の「四書五経

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

占い用語集

五経
儒家の経典である、詩経・書経・礼記・易経・春秋の総称

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごきょう【五経 Wǔ jīng】
儒教の五つの基本的な経典,すなわち《易経》《書経》《詩経》《礼記(らいき)》《春秋》のこと。いずれも孔子が編纂したといわれてきたが,《詩経》と《書経》のほかは疑問である。前漢の武帝のとき儒教が国家公認の学とされ,五経博士がおかれて五経の名が定まった。漢代には《詩経》に魯詩・斉詩・韓詩の3派があり,《春秋》に《公羊伝(くようでん)》《穀梁伝》《左氏伝》というふうに,それぞれ諸学派が現れたが,唐代には,太宗が孔穎達(くようだつ)に命じて《五経正義》を作らせてから,《周易》《尚書》《毛詩》《礼記》《春秋左氏伝》が五経とされた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごきょう【五経】
儒教の教典のうち最も重要な五種の書。易経えききよう(周易)・書経(尚書)・詩経(毛詩)・春秋しゆんじゆう・礼記らいき。漢の武帝の頃に作られた称。ごけい。 四書-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごけい【五経】
ごきょう五経

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

五経
ごきょう
中国、秦漢(しんかん)期の儒家が尊奉した「易(えき)・書・詩・礼・春秋(しゅんじゅう)」の5種の経典。「経」は、政治と倫理の基本原理を提供する人類生活の永遠の規範の意。「楽」を加えて六芸(りくげい)(六経(りくけい))とも称する。漢の武帝が学官に五経博士をたてて以来、国教としての根本聖典となり、すべて儒教の開祖孔子(こうし)(孔丘(こうきゅう))の編定ないし述作とされた。その内容解釈を経学(けいがく)といい、後漢礼教(ごかんれいきょう)国家に盛行し、「礼」は『儀礼(ぎらい)』に『礼記(らいき)』『周礼(しゅらい)』が並立して三礼(さんらい)を擁し、「春秋」は『公羊(くよう)伝』『穀梁(こくりょう)伝』に対立する『左氏(さし)伝』が加わって三伝(解説)が競い、漢魏(ぎ)の古注が多く制作された。多様で繁雑な六朝(りくちょう)期の経学は、唐初の正統解釈である『五経正義』によって国家統制されて、それ以後は科挙(かきょ)(科目別の官吏登用試験制度)の発達に伴い、思想に枠をはめる結果となった。
 宋(そう)代の新儒学は、「五経」から「四書」に経書の中心が移行するが、明(みん)の成祖(せいそ)が公布した『五経大全(たいぜん)』は朱子学的な観点から編纂(へんさん)されたにもかかわらず、従事した学者の見識の低さから「大全出(い)でて経学亡(ほろ)ぶ」と非難された。「経書は心志の注釈にすぎぬ」とみる陽明学の流行期には、いっそう経学は軽視された。
 経書の研究は、清(しん)代考証学に至って面目を一新し、小学(古代言語学)、文献批判など科学的方法による究明が進められた。[戸川芳郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ご‐きょう ‥キャウ【五経】
[一] 儒学で尊重する五部の経書(けいしょ)。易経・書経・詩経・礼記(らいき)・春秋。これらを五経と総称することは、漢の武帝の建元五年(前一三六)、五経博士をおいたのに始まる。ごけい。
※書紀(720)推古一八年三月(北野本訓)「高麗の王(きみ)、僧曇徴法定を貢上る 曇徴は五経(コキャウ)を知れり」
※源氏(1001‐14頃)帚木「三史・五経の道道しき方を、あきらかにさとりあかさんこそ、愛敬なからめ」 〔漢書‐宣帝紀〕
[二] 古代医学で尊重する五部の医書。素問・霊枢・難経・金櫃要略(きんきようりゃく)・甲乙経。医学五経。
※平家(13C前)三「たとひ五経の説を詳にして、衆病をいやすと云共、豈先世の業病を治せむや」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ご‐けい【五経】
(「けい」は「経」の漢音) =ごきょう(五経)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

五経
ごきょう
儒学の根本の経書
『易経』『書経』『詩経』『礼記』『春秋』の五書をいう。漢代に儒学が国教となってから,士大夫階級必修の書となった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五経」の用語解説はコトバンクが提供しています。

五経の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation