@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

五色の賤【ごしきのせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

五色の賤
ごしきのせん
古代日本の令制に規定された5種類の賤民陵戸 (治部省被管の諸陵司に属し,天皇皇族陵墓守衛にあたったもの) ,官戸家人公奴婢私奴婢の5種で,当時の社会の最下層に属し,朝廷社寺貴族の労力源であった。彼らの婚姻にも身分的制限があり,良と通婚して生れた子の帰属についても一定の規定があった。しかし,延暦8 (789) 年,良賤通婚して生れた子はすべて良民に編入して以降,この制度は次第にすたれていった。 (→ )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ごしき‐の‐せん【五色の×賤】
律令制で、5種類の賤民。陵戸(りょうこ)官戸(かんこ)家人(けにん)公奴婢(くぬひ)私奴婢。このうち家人・私奴婢私有民。五賤

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごしきのせん【五色の賤】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

五色の賤
ごしきのせん

日本古代の律令(りつりょう)制における賤民身分。『養老令』の戸令(こりょう)には官有賤民の陵戸(りょうこ)・官戸(かんこ)・公奴婢(くぬひ)、私有賤民の家人(けにん)・私奴婢(しぬひ)の5種が定められている。陵戸は奴隷ではないが、他は奴隷または奴隷的な存在であった。それぞれ同身分間の婚姻を強制されていた。律令に定められた賤民制度は、9世紀には解体していった。

[石上英一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごしき【五色】 の 賤(せん)
令制で規定された五種類の賤民。陵戸(りょうこ)、官戸、家人、公奴婢(くぬひ)、私奴婢をいう。
[補注]「令義解」の戸令当色為婚条に「凢陵戸、官戸、家人、公私奴婢、皆当色為婚。謂、凢此五色。相当為婚〈略〉」とある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

五色の賤
ごしきのせん
律令制における5種類の賤民
陵戸・官戸・家人・公奴婢 (くぬひ) ・私奴婢 (しぬひ) があった。陵戸・官戸・公奴婢は官有で,家人・私奴婢は私有。最下層の身分に置かれ,朝廷・官司・豪族の雑役に従事し,良民との婚姻は禁止された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五色の賤」の用語解説はコトバンクが提供しています。

五色の賤の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation