@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

五行【ごぎょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

五行
ごぎょう
大般涅槃経』に説かれる菩薩の修すべき5種の法。聖行──戒定慧の三学を修する正行梵行──浄心をもって衆生を除き楽を与える行,天行──天然の理によって妙行を成じる行,嬰児 (ように) 行──慈悲心をもって人天小乗の小善の行を示現する行,病行──大慈悲をもって一切衆生に和する行,をいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五行
ごぎょう
大乗起信論』に説かれる布施持戒忍辱精進止観の5つをいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五行
ごぎょう
陰陽道で,木,,土,,水の五元素をいう。天地の間に循環流行する万物組成の元素。また宇宙のすべての事象を説明する哲学的原理ともされる。この考えは,陰陽五行説といわれ,中国,戦国末期のすう衍 (すうえん) が王朝変遷を五行にあてて説いたのに始る。漢代になって陰陽説と合し,易の天人合一説を形成し,その影響を後世に及ぼした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五行
ごぎょう
六境」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ご‐ぎょう〔‐ギヤウ〕【五行】
中国古代の世界観で、万物を構成し、天地の間に運行すると考えられたの五つの元素。天では木星火星土星金星水星として運行し、地では木・火・土・金・水として現れ、人も五行から構成されているという。→五行説
仏語。菩薩(ぼさつ)修行する五つの行法。大般涅槃経(だいはつねはんぎょう)では、聖行・梵行・天行・嬰児(ように)行・病行。大乗起信論では、布施・持戒・忍辱(にんにく)・精進・止観。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

五行
古代中国で、万物を構成するもとになるとされた五つの気。▽木、火、土、金、水

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

デジタル大辞泉プラス

五行
株式会社力の源ホールディングスが展開するラーメン店のチェーン

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五行
雲海酒造が製造・販売する焼酎の商品名。木桶蒸留、かめ貯蔵などの伝統製法にこだわった数量限定の本格芋焼酎。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごぎょう【五行 wǔ xíng】
木・火・土・金・水のこと。この5種によって自然現象や人事現象のいっさいを解釈し説明しようとする思想は五行説とよばれる。中国の古代に成立した。これら5種がとくにえらばれた理由を,古典注釈家は,天においては五気が流行(循環)し,地においてはが行用(使用)するからだと説明している。五気が流行するといえば宇宙を構成する基本的な5元素のように考えられるが,民が行用するといえば自然界に通常に見いだされ,かつ日常生活に必須の基本的な物質をさすようであり,五行説成立の初期においては後者の意味が主であったと思われる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごぎょう【五行】
中国古来の哲理で、万物を組成する五つの元になる気。木・火・土・金・水の称。五行のおのおのを、兄・弟の二つずつに配してできたのが十干じつかんである。
菩薩が修行する五つの行法。大乗起信論では布施ふせ・持戒じかい・忍辱にんにく・精進しようじん・止観しかんの五つの修行。涅槃経は別説をあげる。 → 六波羅蜜
五行の陣に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

五行 (ゴギョウ)
植物。キク科の一年草,薬用植物。クソニンジンの別

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ご‐ぎょう ‥ギャウ【五行】
〘名〙
① 古代中国の思想で、万物を生じ、万象を変化させるという木火土金水の五つの元素をいう。木火土金水は、元来は日常生活に不可欠な五つの物質であるが、転じてこれらの物質によって象徴される気、あるいはそのはたらきの意となり、いわゆる五行説として展開する。行とは運行の意で、五つの物質が五行となるのは、天上の五遊星にその名をあてたことに由来する。陰陽道では、運勢を判断するのに用いる。
※古今著聞集(1254)六「菅絃のおこり、そのつたはれる事ひさし。〈略〉宮・商・角・徴・羽の五音あり。或は五行に配し、或は五常に配す」 〔書経‐洪範〕
② 仏語。菩薩が修行する五種の行法。涅槃経(ねはんぎょう)に説く、聖行(しょうぎょう)・梵行(ぼんぎょう)・天行・嬰児行(えいじぎょう)・病行の五つ。天台宗では、これを別教の立場では、菩薩の修行階梯を分けるものとして「次第の五行」と呼び、円教の立場では五種の別はないとして「不次第の五行」とする。また起信論には布施・持戒・忍辱(にんにく)・精進・止観の五門を立てる。五門修行。〔法華玄義‐三・下〕
③ =ごぎょう(五行)の陣〔李衛公問対‐中〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

五行 ごぎょう

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

五行」の用語解説はコトバンクが提供しています。

五行の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation