@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

五輪塔【ごりんとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

五輪塔
ごりんとう
密教で説く五大を方,三角半円宝珠の形で象徴し,それを下から上への形に積上げたもの。下方より,地輪,水輪,火輪,風輪,空輪を表わす。木,金属などでも造るが石製が最も多く,平安時代後期以来日本石塔の主流となった。元来密教系の塔であるが,鎌倉時代から宗派をこえて用いられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ごりん‐とう〔‐タフ〕【五輪塔】
地・水・火・風・空の五大をそれぞれ方形円形・三角形・半月形・宝珠形に石などでかたどり、に積み上げた塔。平安中期ごろ密教で創始され、大日如来を意味したが、のちには供養塔墓標などとされた。五輪卒塔婆(ごりんそとば)。五輪

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

五輪塔
 密教[みっきょう]によってはじめられた供養塔[くようとう]の1つです。主に石で作られます。5つの輪が積み重なった形をしていますが、これはすべての物質をつくりだす5大要素をさしており、下の段から地輪[ちりん]・水輪[すいりん]・火輪[かりん]・風輪[ふうりん]・空輪[くうりん]と言います。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごりんとう【五輪塔】
地水火風空の5元素を五大,五輪と称し,形象化されると地は台地の方形,水は水滴の円形,火は火焰の三角形,風は放散する半円形,空は穹窿(きゆうりゆう)の宝珠形となる。これを下から上へと構成し,塔形にしたのが密教の五輪塔である。起源は判然としないが,遺物に関するかぎり,1122年(保安3)に建立された法勝寺小塔院の鐙瓦にあらわされた五輪塔が最も古く,文献的にも11世紀末をさかのぼりえないため,このころから行われたものと思われる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごりんとう【五輪塔】
密教で説く五大を表す五つの形から成る塔。地輪(四角)・水輪(円)・火輪(三角)・風輪(半月形)・空輪(宝珠形)の順に積み上げる。各面に五大の種子しゆじを刻む。平安中期以後、供養塔として用い、鎌倉以後、墓標として広く用いられた。五輪。五輪の塔。五輪卒塔婆。法界塔ほつかいとう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

五輪塔
ごりんとう
五大(ごだい)にかたどった5種の部分からなる塔をいう。五輪卒都婆(そとば)(卒塔婆(そとうば))ともいう。五大とは、物質の構成要素である地、水、火、風、空のことであり、輪とはすべての徳を具備するという意味をもつ。したがって五輪とは、地輪、水輪、火輪、風輪、空輪の総称である。それぞれ方、円、三角、半月、宝珠(ほうしゅ)形につくられ、日本では平安時代のなかばごろから死者への供養塔(くようとう)あるいは墓標として用いられた。石造りが一般的であり、木、金属、泥などでつくられもした。ちなみに、人間の五体(ごたい)は五輪からなり(五輪五体)、大日如来(だいにちにょらい)と等しいとみなして、密教の修行者たちは五輪成身観(じょうしんかん)という観法(かんぼう)(禅定(ぜんじょう)の一種)を修した。[阿部慈園]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごりん‐とう ‥タフ【五輪塔】
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉一「苔だらけの五輪塔や定紋の桔梗を彫つた石碣(はかいし)が其処此処に立って居る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

五輪塔
ごりんとう
石造塔婆の一つ
地・水・火・風・空の五大を表す,四角・円・三角・半円・如意珠形の石(五輪)を下から積み上げてある。密教に由来し,各輪に梵字が刻まれたり,造立の趣意年月・施主名を地輪に刻むものもある。平安中期から用いられるが,火輪の四隅が盛りあがっているのは近世の特徴。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五輪塔」の用語解説はコトバンクが提供しています。

五輪塔の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation