@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

五重塔【ごじゅうのとう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

五重塔(仏塔)
ごじゅうのとう
五重の仏塔の総称。木造、石造などある。仏塔はストゥーパを音訳した卒塔婆(そとば)、塔婆(とうば)の略称で、本来は仏陀(ぶっだ)の廟(びょう)であった。ストゥーパは墳墓の形を示し、円筒形の台基の上に墳丘をかたどった半球状の伏鉢(ふくばち)があり、その頂上に平頭(へいとう)と傘蓋(さんがい)を受ける傘竿(さんかん)が立てられる。仏教がインドから中国に伝えられて、その祠堂(しどう)は、浮屠祠(ふとのし)(仏陀の祠(ほこら))とよばれたが、この祠の中央には相輪(そうりん)をのせた重楼があったという。ストゥーパの台基が楼閣に変わり、伏鉢・平頭・傘竿が相輪に発展した。この建物はそれ自体が浮屠または浮図(ふと)の名で代表されるようになり、楼閣も三重あるいは五重でつくられるようになった。わが国で現存する最古の五重塔は奈良・法隆寺五重塔で、中心に立つ心柱(しんばしら)は根元が地中に掘り立てられている。心柱は奈良時代からは基壇上に立てられる。各重の大きさの縮減率は古代のものほど大きいので安定性に富む。もともと塔は内部が土間であったが、平安時代からは板敷きになり、周囲に縁が巡らされるようになる。京都・東寺の五重塔は55.7メートルの高さで、最大の五重塔として著名である。[工藤圭章]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五重塔」の用語解説はコトバンクが提供しています。

五重塔の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation