@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

五重塔【ごじゅうのとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

五重塔
ごじゅうのとう
幸田露伴の中編小説。 1891年 11月~92年3月,新聞『国会連載。腕は抜群だが愚鈍なため「のっそり」とあだ名される大工十兵衛が,江戸谷中感応寺五重塔建立の仕事を川越源太争い,さまざまな妨害にも屈せず,ついに完成するまでの屈曲を描く。義理人情の世界をこえる非情な主我を独特の名文で写して明治文学新生面開拓,露伴一代の名作となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五重塔
ごじゅうのとう
5層の屋根をもつ層塔で,日本の大寺院建築様式典型の一つ。初層は,四天柱を四隅とし,内陣といわれる部屋に,仏像壁画などを安置する。2層以上は中空で,部屋を構成していない。最上層の屋根は中心に相輪を立て,宝珠水煙九輪などで飾られている。塔体はほとんどが木造で,裳階 (もこし) などの建築意匠をもつものもあり,全体に均整のとれた美しい建築で,美術史上の傑作とされている。現存のものでは法隆寺五重塔がいちばん古い建造とされている (白鳳時代全高 32.5m) 。建築学的に注目されるのは,木造の高塔であるのに,耐震的に安定している点である。これは心柱の特殊な構造によるものとされる。古代のものは礎石上に直接心柱が立てられ,全体を吊る様式であったが,鎌倉時代以降のものは,初層の上から心柱を立てているものが多く,江戸時代には逆に上から宙吊りの心柱まで出現した。これらは塔の固有振動周期を調節し,力学的に地震による振動エネルギーを散らす働きをするものと考えられ,経験的に得られた建築工学として評価,研究されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ごじゅうのとう【五重塔】[書名]
幸田露伴の小説。明治24~25年(1891~1892)発表。五重塔建立に執念を燃やす大工のっそり十兵衛の、芸術にかける名人気質を描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごじゅうのとう【五重塔】
5層建ての仏塔。日本の仏塔は木造が一般的で3層と5層のものが多いが,古代の寺で百済大寺や法勝寺では九重塔,国分寺には七層塔も建てられた。内部仏舎利を奉安することを本来の目的とし,古くは伽藍の中心的存在であったが,7世紀末から双塔式伽藍ができ,やがて回廊外に置かれるようになる。しかし,塔の建立は功徳とされ,平安時代には多数の仏塔が生まれ,これを巡礼する行も広まった。外観は基壇,塔身,相輪からなる。中央に心柱(しんばしら)または刹柱(さつちゆう)が独立し,その上部が相輪となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ごじゅうのとう【五重塔】
幸田露伴の小説。1891‐92年(明治24‐25)《国会》に連載。露伴24歳の作で,彼の全作品中でも最もよく知られる初期の代表的小説。のっそり十兵衛と呼ばれる腕はいいが世渡りの才覚のつたない大工が,恩義ある親方の川越の源太と張り合って,辛苦の末ついに谷中(やなか)感応寺の五重塔をみごとに完成するという物語。主人公の十兵衛は妥協を知らぬ偏屈な名人気質で,一編は近代的な意味での芸術家小説として読むこともできよう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごじゅうのとう【五重塔】
五層の仏塔。地・水・火・風・空の五大をかたどったもの。
書名(別項参照)。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごじゅうのとう【五重塔】
小説。幸田露伴作。1891年(明治24)~92年新聞「国会」に連載。五重塔建立のためにすべてをかける大工の情熱と執念を描く。男性的な理想を描く芸道小説。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごじゅうのとう ゴヂュウのタウ【五重塔】
小説。幸田露伴作。明治二四~二五年(一八九一‐九二)発表。江戸末期、大工のっそり十兵衛の、義理を捨て芸術にかける名人気質を描いた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

五重塔
ごじゅうのとう
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
幸田露伴
補作者
竹柴晋吉
初演
明治37.9(大阪・弁天座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五重塔」の用語解説はコトバンクが提供しています。

五重塔の関連情報

関連キーワード

バーナムドボルザーク(Antonín Dvořák)マッキム・ミード&ホワイトワイルドイグナチー ポタペンコドミトリー マミン・シビリャーク内閣総理大臣ゴーギャン自由新聞マルティ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation