@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

五香【ゴコウ】

デジタル大辞泉

ご‐こう〔‐カウ〕【五香】
密教で、修法のときなどに用いる5種の香。内容は場合により異なり、栴檀(せんだん)香・沈香・丁子(ちょうじ)香・鬱金(うこん)香・竜脳香などが主。
仏語。最高の悟りを開いた人が見ることのできる五つの功徳(くどく)を香にたとえた語。
江戸時代、王子権現で出した小児用の薬。胎毒を下すとされた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ごこう【五香】
密教で護摩などの儀式に用いる五種の香。経典や儀式によって組み合わせが変わるが、沈香じんこう・栴檀せんだん・丁子ちようじ・鬱金うこん・竜脳などが主なもの。
江戸時代、小児に与えた胎毒下しの薬。栴檀・鶏舌・沈水香・丁子香・安息香の五種とするほか諸説ある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

五香
うーしゃん
中国の混合香辛料の一種。五つの香辛料、茴香(ホイシャン)(フェネル)、花椒(ホワチヤオ)(サンショウ)、桂木(コイムー)(シナモンまたはカシア)、丁香(ティンシャン)(クローブ)、陳皮(チェンピー)(ミカンの皮)の粉末をブレンドしたもの。豚肉や豚脂を使った中国料理には欠かせない。この五香の茴香のかわりに大茴香(スターアニス)を使った五香もあり、それぞれの地域によって、混合する香辛料が少しずつ異なる。[齋藤 浩]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ご‐こう ‥カウ【五香】
〘名〙
仏語密教で作壇のとき地下に埋めたり、修法のとき焼いたりする五種の香。沈香(じんこう)、栴檀香(せんだんこう)、丁子香(ちょうじこう)、鬱金香(うこんこう)、龍脳香をいうが、これは場合に応じて異なる。〔拾芥抄(13‐14C)〕
② 仏語。最高のさとりに至ったものが見える戒、定、慧、解脱、解脱知見の五つの功徳である五分法身を香にたとえたもの。
③ 江戸時代、江戸王子権現から出した万病の妙薬。初めは沈水香栴檀香丁子香、鶏舌香、安息香の五種を紅絹の袋などに入れて嬰児に吸わせたが、後には、まくり、甘草、大黄などを調合した煎薬となる。
※浮世草子・色里三所世帯(1688)上「五条の売薬屋には五香(ゴカウ)の合置」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五香」の用語解説はコトバンクが提供しています。

五香の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation