@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

井上通【イノウエツウ】

デジタル大辞泉

いのうえ‐つう〔ゐのうへ‐〕【井上通】
[1659~1738]江戸中期の女流歌人。讃岐の人。丸亀藩主の母に仕え、雨森芳洲らと交わった。帰家日記」など。井上通女

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

井上通 いのうえ-つう
1660-1738 江戸時代前期-中期の歌人,詩人。
万治(まんじ)3年6月11日生まれ。讃岐(さぬき)(香川県)丸亀藩士の父にまなび,才女として知られた。8年間江戸藩邸で藩主の母養性院につかえ,雨森芳洲,林鳳岡(ほうこう)らと交流。帰郷後,詩歌や著作にいそしんだ。元文3年6月23日死去。79歳。名は別に振,玉。号は感通。著作に「江戸日記」「帰家日記」「往事集」など。
【格言など】われもまた正しきを得てたふれなば是のみなりと思ふばかりぞ(辞世)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

精選版 日本国語大辞典

いのうえ‐つう【井上通】
江戸中期の女性歌人。振、玉、感通と称す。讚岐の人。著「帰家日記」。万治二~元文三年(一六五九‐一七三八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

井上通」の用語解説はコトバンクが提供しています。

井上通の関連情報

関連キーワード

浅井了意ホイヘンス松前広長ボルテール鳳潭鳳潭鳳潭一刀流鳳潭浅井了意

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation